ライフ

恋愛運がアップする数字は? 琉球風水志シウマ「開運ナンバー」の法則

サラリーマンのための“開運ナンバー”の法則

 吉数7、忌み数13、さらに名前の画数など“数字”にはさまざまな意味があり、数字を使った占いも多いなかで、オリジナル占術「数意学」でブレイク中なのは琉球風水志シウマ氏だ。多数の著名人等から支持を得ている理由とは?
男の[占い&開運]大全

琉球風水志 シウマ氏

「そもそも数意学は、風水師の母の影響により琉球風水、姓名判断、九星気学を学び、それらをもとに編み出したもの。数字の力を借りて、運気をアップするというものです。  私自身、上京して3年目に携帯の下4桁の番号の合計を『15』からタレント性が増す『17』に変更した途端、芸能事務所の所属が決定。さらに、ラジオの出演、書籍の出版など、メディアの露出が増え、今に至ります。『17』は今も変えていません」

五大吉数でエネルギーUP

 数意学は“1~80”までの数字から選ぶ占術だ。それぞれエネルギーも違えば、意味も異なる。 「自分に合う数字に迷ったら『15(人脈運)』『24(財運)』『31(出世運)』『32(くじ運)』『52(成功運)』の五大吉数から選んでください。反対に、将来の目標や理想が明確に描けている場合は、それぞれの才能や能力を高めてくれる数字を使うのが効果的です」
次のページ
数字を味方に!
1
2
3
4
5
6
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事