ニュース

自称「2058年から来た」未来人・國分玲に直撃取材!彼は真のタイムトラベラーか、それとも…

未来人からの最後の警告「複合災害」への備えを!

國分玲 自然災害の予言も不気味だ。10月8日には首都圏を中心に震度5強の地震が起きたばかりだが、國分氏によると「2058年までに富士山噴火と南海トラフ地震は発生しません。ですが、2024年1月に北海道十勝沖で、2037年には沖縄本島で、甚大な被害をもたらす大きな地震が起きます」というのだ。 「十勝沖では豪雪による救助の遅れが、沖縄では余震と同時に襲った台風が影響し、悲劇的な災害となってしまった。そういった経緯で、2058年には“複合災害”に備える危機管理策が一般的です。台風+巨大地震、感染症+大規模停電が同時に襲ってきたらどうするか? といった議論は時間をかけてやっておいたほういい。未来人からの最後の警告だと思ってくだされば……」  そう言い残して國分氏はベンチを立った。その後連絡は途絶えてしまい、宣言通り2058年に帰っていったようだ……。

最後の予言は大外れ!?

 ちなみに9月28日、國分氏がフォロワーとの間で交わした最後のDMには「(次の内閣総理大臣は)高市早苗さんです」という大外れの予言が綴られていた。だが、細かな時期を間違えた可能性がないとは言い切れない……。  果たして、國分氏は真のタイムトラベラーだったのか? その答えは徐々に明らかになるだろう。
次のページ
國分氏の今後の予言
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠