エンタメ

2021年・ギャルの流行語10選。「虹」ってどういう意味?「チョベリグ」も

2021年流行語大賞は「リアル二刀流/ショータイム」が年間大賞に選ばれた。それを表とするならば、界隈ごとに盛り上がった裏流行語がある。ジャンル別に“世相を反映した“言葉を一挙紹介。今回はギャル編。

コギャル全盛期の’90年代トレンドが再ブームの兆し

 いつの時代も独自の流行語を生み出しているギャルたち。「今年はギャルのノリに加えてオタク系の言葉が目立ってた」と語るのは、“令和最強ギャル”あおちゃんぺ氏。
ギャル

あおちゃんぺ氏

「誰から発生したかはわからないけど、最高潮って意味で『虹』がはやってた。最近は外見がギャルで、中身はオタクも多いから、『○○してもろて』『なめぷ』とかゲーム用語を日常でも使ってる。ひろゆきさんの口癖で、『それあなたの感想ですよね?』っていう相手をおちょくる感じの返しをしてくるギャルが増えてます。あと最近は美容整形してるギャルも多くて。施術後に『ダウンタイムなう』ってSNSに投稿するぐらい気軽に整形用語が使われてますね」

’90年代のトレンドが再ブームの兆し

 また「egg流行語大賞2021」第2位に「ルーズソックス」が選ばれるなど、’90年代のトレンドが再ブームの兆しあり。 「当時のファッションだけじゃなくて、うちらの周りだと『チョベリグ』は使ってた。やっぱ、ギャルが流行を牛耳ってた時代の言葉は語呂も意味も面白いし、今でもイケてる。来年は懐かしい言葉がもっと使われたり、ギャル発信の流行語が生まれると嬉しいな」  再びギャル全盛期が到来する!?
次のページ
ギャル部門 流行語ベスト10
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白