ニュース

「“高齢者がつくった社会”こそ日本の諸悪の根源」山本一郎が語る暗い未来

 一億総貧困時代を迎える日本。本当に恵まれていないのはどの世代か? バブル世代、団塊ジュニア世代、ポスト団塊ジュニア世代、プレッシャー世代、ゆとり世代、Z世代の6つに分類した場合、歩んだ道のりと待ち受ける将来から不幸No.1は「団塊ジュニア世代」(’71~’74年、現47~50歳)という。

“高齢者がつくった社会”こそ日本の諸悪の根源だった!

不幸度ランキング「47歳から50歳の団塊ジュニア世代に未来はない」と断言するのは、自身も団塊ジュニアど真ん中、作家で投資家の山本一郎氏だ。世代特有の不幸の連鎖とは……? 「同年代のサラリーマンに話を聞くと、『親の介護と子育てが、同時にきてとにかく辛い』と嘆く人も多いです。晩婚化でまだ子供に手がかかるのに、自分の両親や奥さんの親の介護ものしかかってくる。そして出費がかさんでカネがない。その結果、介護のために休職や離職をするしかなくなって、より生活が困窮する連鎖に落ちていく……と。これは上の世代がつくった、古い社会構造の中で働いているからこその弊害です」  かつては高齢者を支える現役世代がたくさんいて、家庭を持つのが当たり前だったが、今は経済状況も環境もまるで違う。 「そう、昔はそれでなんとかなった。でも介護や年金問題、子育てや女性の働きやすさなど、多くの制度設計がテコ入れされないままここまできてしまう。バブル崩壊後の経済不振やデフレなど“失われた30年”が今も続いている状態です。’90年代から少子化問題が叫ばれてはいたけれど、『多分いつか解決するだろう』という緩い空気が漂っていたというか。当時の政治家や国民の間に、当事者としての意識が圧倒的に欠落していたんでしょう。そのとき対処すれば違ったかもしれませんが、誰も本腰を入れなかった」  その結果、ゆっくりと確実に悪化し、もうテコ入れができないところまできているのだ。

絶望的に重く暗い未来

「そこで一方的に尻ぬぐいさせられるのは、我々現役世代です。もう『誰が悪い』とか、責任をなすりつけ合ってもしょうがないレベルまで到達しているのもわかる。でも、『こんな社会にしたのは誰ですか?』と上の世代に文句の一つくらい言いたくなりますよ。上の世代の見通しの甘さが、一気に現役世代を襲っているのですから」  限られた資源を増やすのではなく、パイを奪い合う方向に舵を切り続けてきた日本。その未来は絶望的に重く、暗い。 「出生率も上がらない、税金もこれ以上上げるのは厳しいとなると、多くの制度を維持するのはもはや不可能です。それなのに少子化対策や失業対策が必要だ、産業転換や科学技術の進歩が必要だなど、今は問題だけが山積みで過負荷状態。そしてなによりキツいのが、今の日本には“出口”がないこと。なにが解決なのかもわからないし、もうその力も術もありません」  もはや、打つ手なし。さらに、「今後、窮地に立たされた日本を救う革新的な政策や、大逆転の一手が打たれる可能性はほぼゼロに近い」と語る山本氏。手厳しい言葉が続く。
次のページ
大切なのは“自分らしさ”
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート