エンタメ

“夜景おじさん”写真家が語るおじさまの魅力とは?「おじさんだってかわいい」

「おじさま好き女子」はミドル男性の妄想なのか!? しかし、取材を進めてみると一定数存在することが明らかに。「夜景おじさん®」を5年撮り続けてきたフォトグラファーのオケタニ教授におじさまの魅力を聞いてみた!

「夜景おじさん」写真家が語るおじさまの魅力とは?

おじさん

「撮影後、左のおじさんの脚が偶然ネコ耳のようになっているのに気づきました」(オケタニ教授)

「おじさんの魅力に気づいたのは夜景で人物を撮る練習をしていたとき。知り合いの中年男性をモデルにした際に、夜景とおじさんは意外とマッチしていて、かわいさに気づいたんです」  こう語るのは、フォトグラファーのオケタニ教授だ。「夜景おじさん®」を撮り続けて5年となるオケタニ教授は、おじさまの魅力について次のように語る。 「撮影では、アイスキャンディを持ってもらったりなど、あえて日常でおじさんがしないようなポーズをしてもらいます。『違和感』や『やらされた感』のあるおじさんってかわいく見えるんですよ。でも本当はおじさんは基本何もしなくていいと思ってる。突っ立っているだけでも十分絵になるし、魅力があふれてくるんです」

個展にはたくさんの女子高生も

おじさん 今まで撮りためてきた作品には若い女性からの支持もあるというオケタニ教授。昨年9月に都内で開催された個展には、女子高生も数多く訪れたそうだ。 「中にはモデルのファンもいて、個展に来て『○○さんいますか?』という問い合わせも。ファンになった理由を聞くと『優しそう』『おじいちゃんに似ている』など若い女のコがおじさんを魅力的に感じる基準もさまざまで、面白いですね」
次のページ
「おじさんだってかわいい」
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ