仕事

新卒で入った会社が倒産、転職4回の50代。総資産2000万円超になれたワケ

 人生は苦難の連続だ。上がらない給料、会社が倒産、はたまた災害で一気に生活苦に陥ることもある。そんな苦難に直面しながらも、「お金の知恵」で資産を築いた人たちがいる。彼らはどのように財を築いたのか。今回は会社が倒産も、総資産2000万円超にできた例を取材。その不屈のお金マインドは、あなたの身に「もしも」が起きたとき、必ず役立つはずだ。

共倒れを防ぐため、3つの口座を開設し家計防衛戦略

貧者の[マネー錬金術]

アイアーンマンさん(仮名・50代)

 2度の倒産と所属事業部の消滅を経験しながら、投資で2000万円超の資産を築いた猛者がいる。アイアーンマンさん(50代)だ。彼の転職ヒストリーを聞いた。 「新卒で入った会社が和議で倒産し、2社目は上場企業だから安泰と思いきや所属事業部が撤退。体のいいリストラです。3社目も業績好調でバブリーでしたが、ある日突然、電話で『明日潰れる』と言われ2度目の倒産を経験。一旦契約社員で4社目に入ってから、今の会社に転職しました」

働き口が突然なくなったときは?

 では、働き口が突然なくなったとき、我々はどのように立ち回ればいいか。 「まずは制度を知ること。再就職手当や未払賃金立替制度があるとわかっているだけで心に余裕が生まれます。私の場合は未払い賃金が650万円ほど入りました。そして、貯金。私は生活資金用、子供用、旅行用の3つの口座を開設し、毎月の給料はまずこれらに分配しています。  生活資金用には1年分の300万円を、子供用には学費2年分を常にストック。旅行用口座を開設したのは、家族との時間を確保するためです。家族にもしっかりお金を投資することで資産形成に理解を得ることができ、協力してもらうことができます」
次のページ
転職続き退職金もあてにできない
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白