仕事

歌手と兼業する女性タクシードライバー、収入はアルバイト時代の倍以上

 近年の市場縮小に加え、コロナ禍によるインバウンドの消滅、東京五輪の無観客開催と多重の打撃を受け未曾有の苦境に陥ったタクシー業界。しかしその余波により、ドライバーたちに思わぬ変化が起きていた!
タクシードライバー物語

※この写真はイメージです

働き方、目的、属性も十人十色のドライバーたち

 新型コロナウイルス禍の影響を最も受けたであろう職種の一つが、タクシードライバーだ。全国タクシー・ハイヤー連合会の調査によると、業界全体における’20年3月以降の営業収入は昨年対比で20~60%強まで落ち込んだ。  給与においては、全国で最も高水準にある東京都の場合、’19年の年間平均推計額が481万円のところ、’20年は338万円と150万円近い減収となった。近年のタクシー業界の地殻変動を追った『コロナ禍を生き抜く タクシー業界サバイバル』の著者、栗田シメイ氏は「その一方で、ドライバーの顔ぶれにこれまでにない変化が起きている」と話す。中でも徐々に比率を増やしているのが、女性ドライバーだ。 「プロの歌手を続けるためにタクシードライバーになりました」
タクシードライバー物語

當山りえさん(26歳)「タクシーに乗るのは歌手の夢を叶えるため」高校時代から小さな芸能事務所に所属して活動、アメリカで“武者修行”の経験も

 コンドルタクシーに勤務する當山りえさん(26歳)が、業界に足を踏み入れたのは昨年9月。かつては歌手を目指して渡米、帰国後も歌手活動とアルバイトを並行していたが、その生活はコロナを機に破綻。予定していたライブは軒並み中止となり、ボイストレーニングすらままならない日々が続いた。そんな折、人づてに兼業が可能なタクシー会社があると聞いた。 「面接で音楽活動を続けたいと話すと『夢があっていい。採用!』とすぐに決まりました。驚いたけど、何となくここで働くと面白い未来があるんじゃないかという期待感があったんです」

収入はアルバイト時代の倍以上

 もう一つの理由は「音楽を続けるための費用と創作の時間を確保するため」。アルバイトは夜の時間が拘束され、音楽に専念できない。その点、タクシーなら休みが多く、集中して業務をすれば稼げるのが決め手となった。実際、月12日の勤務でありながら、収入はアルバイト時代の倍以上となっている。 「この仕事を通じて、音楽活動の選択肢が増えたことは間違いないです。歌手をしているとお客さんに伝えると『一曲歌ってよ』とリクエストをされたこともあります。喜んでもらえると、私との乗車時間が楽しかったということなので、やはり嬉しい。  路上、田舎のレストラン、車中であれ、どこでも音楽はできると実感します。稼いだお金で、もう一度アメリカで勝負したいという気持ちもあります」
タクシードライバー物語

出典:全国タクシー・ハイヤー連合会統計調査

次のページ
外国人ドライバーも
1
2
3
4
5
コロナ禍を生き抜く タクシー業界サバイバル

タクシー業界深部に迫る

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事