エンタメ

ムロツヨシが“喜劇役者”を名乗るワケ。両親の離婚、長い下積み、借金を経験しても

 今年1月で45歳となったムロツヨシが、『マイ・ダディ』で映画初主演を果たした。男手ひとつでひとり娘を育てる牧師の役だ。出演したテレビドラマ『ハコヅメ』の警察官役とも呼応する、シリアスとコメディを両立する役柄となっている。 ムロツヨシ 映画のチラシに記されたコピーは、「主演映画に選んだのは、<ひとりの男><ひとりの父親>だった」。この映画を「選んだ」宿命とも呼べる、「喜劇役者という十字架」に迫る。

「選んだ」のではなく、僕を「選んでくれた」

――俳優にとって「初主演」の作品は、特別なものです。作品選びは慎重に行われたのでしょうか。 ムロ:僕が「選んだ」のではなく、僕を「選んでくれた」というのが正確かもしれないです。僕は19歳から役者という道を選びましたけれども、舞台やドラマでは主演させていただく機会があったものの、映画という世界においては、僕を主演で使いたい、僕を主演で何か作ろうという人は40代半ばまで現れなかった。正直な話をすれば現れてくれたこともあったんですけども(笑)、スケジュールの都合もあり叶わなかったんです。 今回は、撮影が始まるかなり前にプロデューサーさんから連絡をいただいて、撮影スケジュールも話し合いながら実現に向けて動いていきました。「映画初主演」って、役者にとって一度きりですからね。45歳の今、この作品が「映画初主演作」となったのは、タイミングも含めベストだったと思います。だから今から振り返れば、僕が「選んだ」ことになるのかも。 ――本作は若手映像作家にチャンスを与える賞から始まった企画です。ムロさんが主演を引き受けたからこそ企画が実現し、妻役の奈緒さんといった今をときめく俳優たちも出たいと続いていったのではないでしょうか。ムロさんは演技力のみならず、知名度や発信力も高いです。 ムロ:おぉー、それだったら嬉しいです。「意思のある客寄せパンダになる」っていうのは、32歳でmuro式.の舞台を始めた頃から決めていたので。とにかく名前を知ってもらって、「なんだこいつ」でいいから気にしてもらい、檻の前まで来てもらえたらそれが一番。 ただ、これまでは作品の中でもパンダの着ぐるみを着ていましたけど、最近は意識的に脱いでいるというか、ムロツヨシを捨てるようにしています。特に『マイ・ダディ』は、悲劇の中に喜劇の要素もあるので、これまでのようなわかりやすい「笑い」という武器は家に置いて、役者として身ひとつで現場に来ましたね。

「できる」と即答して後からやり方を考える

ムロツヨシ――好きなシーンはたくさんあるんですが、例えば、重い病に侵されていると告知された娘が「死なないよね?」と聞いたときに、「死なないよ」と言うシーン。ムロさんの声音や表情を前に、見ているこちらも説得される。でも、考えてみればその言葉に何も根拠はないんです。 ムロ:ハッタリですよね。根拠がないと自分でもわかっている言葉だからこそ、それを堂々と言えるかどうかが大事だと思うんです。「死なないよね?」と聞かれたときに、「死なないよ」をしっかり真っすぐ言えるかどうか、それを娘は見ている。このときはね、言えたんですよ。 でも病気の進行や妻の秘密を知るうちに、少しずつ言葉のニュアンスが変わっていってしまう。自分の運命を呪うし、自分の愛を呪う。牧師であるにもかかわらず、神をも疑うところまでいっちゃうわけです。そこからもう一回這い上がって、かつて信じていたものを取り返すことができるかどうか。始まりはハッタリでも、それを本物にできるかどうかが試されているんです。 ――ハッタリって大事ですよね。 ムロ:めちゃくちゃ大事です。僕なんか、ずーっとハッタリで生きてきましたから。特に若い頃は、「できますか?」って聞かれたら「できる」と即答して、後からやり方を考えるんです。できないことを「できる」と言ってたんで、そのぶん怒られること、嫌われることも増えますけど、経験値も増えました。 ――今もハッタリを言うんですか? ムロ:ああ、甥っ子と姪っ子に、「夢は叶うよ」って言いましたね。その親、僕にとって妹からは、「そういうことは簡単に言わないでほしい」と言われました。でも、「叶うよ」って簡単に言うやつがいなきゃ、夢も持ちづらいじゃないですか。 今の世の中って圧倒的に、「叶わない」派が多数ですよね。考え方であるとか選択肢を増やすためにも、僕はハッタリで「叶うよ」と言う側にいなきゃいけないなと思うんです。それで実際に動いて挫折しちゃったとしても、挫折したことによって、次の夢なり目標なりがつくれるようになると思うんですよね。
次のページ
「売れたいです。僕を使ってください」
1
2
3
4
週刊SPA!9/21・28合併号(9/14発売)

表紙の人/ ムロツヨシ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事