エンタメ

鬼才・園子温がニコラス・ケイジとタッグ。還暦にしてハリウッドデビューできた理由

 強烈な作家性で、日本の映画界に衝撃を与え続けてきた園子温監督。『紀子の食卓』や『愛のむきだし』、『ヒミズ』など、いまや国際的な映画賞を受賞する作品を数多く手がけているが、実は挫折の多い、遅咲きの人生だった。大学時代に自主映画を撮り始め、すぐに才能を見出されるも、商業監督デビューは40歳のとき。 園子温 さらに、日本で映画を撮りながら、何度もハリウッドへの挑戦を続けていたが、なかなか実現には至らなかったという。しかし、ようやく最新作『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』でハリウッドデビューを果たした。しかも、主演にはニコラス・ケイジを迎えるという、夢のようなタッグで。本作はサンダンス映画祭で好評を博し、現在、日本でも全国公開中。念願だったハリウッドへの思いと、映画監督としての原点に迫る。

ニコラス・ケイジは空気みたいな存在

園子温

公開中の『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』より

――園子温監督が、ハリウッドデビュー。そしてニコラス・ケイジが主演、かなり驚きました。 園:彼と実際に話してみると、僕の映画『アンチポルノ』を観て、泣いたっていうんだよ。それで、「君を本当に信用しているから、好きなように撮ってくれ」と言ってくれた。僕も『アンチポルノ』が一番好きっていう人は面白いな、とその場で意気投合。ゴールデン街に飲みに誘ったときは、とことん酔っぱらった揚げ句に、めちゃくちゃな英語で喋り明かしましたね。 ――実際にニコラス・ケイジに会うまでどのような印象でしたか。 園:印象もなにも、空気みたいな存在ですよ。紅白の五木ひろし、水前寺清子と同じ(笑)。映画界になくてはならない。これまで彼はFBI捜査官からアルコール依存症まで、何でも演じているので、誰も見たことないニコラス・ケイジ像を打ち出すのは難しい。それならオーソドックスな彼のもともとのイメージのほうがむしろ斬新じゃないかなぁと考え、今回の作品では銀行強盗でありながら、世界を救うヒーローという役に仕立てた。 僕はメキシコでマカロニウェスタンを撮りたくて、彼をセルジオ・レオーネ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』に出てくるチャールズ・ブロンソンみたいにしたいと考えていた。そしたらニコラス・ケイジも「これチャールズ・ブロンソンじゃない?」と。事前にそんな話は一度もしてなかったのに、驚くべきシンクロですよ。まあ、結果は時代劇になりましたけど(笑)。この役はチャールズ・ブロンソンだっていうのは、お互いの約束になっていました。

クライマックスは思い切って変えた

園子温

公開中の『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』より

――本作はサムライや遊郭、マカロニウェスタンが混ざり合った独創的な世界観です。どのように構想したのでしょうか。 園:脚本は僕が書いてはいないんだけど、最初に読んだとき、ラストは砂漠でのカーアクションだった。これでは『マッドマックス』じゃないかと思っていたら、結局、メキシコで撮影ができず、日本で撮ることになった。さて、どうしようと考えていたら、日本で撮るならいっそのこと外国人が勘違いしている日本文化やジャポネスクを逆手にとって、サムライや遊郭などを徹底的に外国人のイメージに合わせて、見せてやろうってね。日本だったら、クライマックスはやはり時代劇というか、“チャンバラアクション”のほうがかっこいいぞと、思い切って変えました。
園子温

公開中の『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』より

次のページ
映画の道に進んだのは童貞を失ったから?
1
2
3
4
5
週刊SPA!10/19・26合併号(10/12発売)

表紙の人/ 山田杏奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事