ライフ

眼の疲れから、うつ症状も。PCやスマホの疲労を和らげる秘訣を眼科医に聞いた

―[疲れないカラダ]―
 コロナ禍も2年がたとうとするなか、仕事も遊びもやる気が起きない。……というか、なんか毎日ダルいし、カラダが重い。そんな倦怠感を払拭するには、どうすればいいのか? 中年の日々を覆う“疲れ”を吹き飛ばす極意を探った! 今回は「眼の疲れ」について。 疲れないカラダ

現代人の“眼の疲れ”は万病のもと

 コロナ禍で定着したリモートワーク。満員電車の“痛勤”から解放されたものの、これまで以上に酷使され、悲鳴を上げているのが「眼」だ。 「緊急事態宣言中には、眼の疲れや不快な症状を訴えて来院するビジネスマンが増えました。在宅勤務で近い距離を見続ける時間が増え、眼にとっては非常に過酷な環境になっているのです」
疲れないカラダ

【眼のピント調節は自律神経に直結】遠くを見るときは交感神経が活発になり水晶体が薄く、近くを見るときは副交感神経が活発になり水晶体が厚くなる

 そう語るのは、眼精疲労や眼のピント調整に詳しい梶田雅義医師。眼を正しく使わなければ、その疲れはメンタルにまで影響を及ぼす。 「眼は自律神経に直結しているからです。普段、ものを見るときは、眼の筋肉である毛様体筋が収縮したり伸びたりして、水晶体を調節してピントを合わせる。例えば、PCなど近くを見るときは、毛様体筋が縮んで水晶体を厚くします」

眼精疲労から、ひどい場合はうつ症状も

 そして、この毛様体筋を司るのが自律神経。
疲れないカラダ

【リモートワーク中は背筋が伸びる椅子を】背筋が伸びれば、モニターとの距離が離れ、眼にも腰にもやさしい。逆に姿勢が悪いと自律神経のバランスが崩れ、腰にも負担が

「近くを見るときは、副交感神経が優位になって毛様体筋が縮み、遠くを見るときは交感神経が優位になり、毛様体筋がゆるむ。PCに向かって仕事をするときは、おのずと交感神経が活発になるものの、眼は近くを見続けることで副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが崩れてしまう。  眼精疲労から眼の乾燥感、めまい、肩こり、頭痛、吐き気、ひどい場合はうつ症状を引き起こします」  リモートワーク中は背筋が伸びる椅子がおすすめとのこと。背筋が伸びれば、モニターとの距離が離れ、眼にも腰にもやさしい。逆に姿勢が悪いと自律神経のバランスが崩れ、腰にも負担がかかるという。
次のページ
疲れを和らげる秘訣
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠