お金

月50万円稼ぐ女性も。コロナ禍でアダルト副業が盛り上がりを見せる理由

コロナ禍により風俗業界も打撃を受け、世間では性へのフラストレーションが募るばかり。一方でその間隙を突くかのように、女たちによるアダルト副業が盛り上がりを見せている。以前より稼ぎやすくもなったともいう、その現況を追った。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

素人アダルト動画の需要爆発。オンナ同士の斡旋なども

副業

写真はイメージです

 コロナ禍をアダルト副業で乗り切る女たちの間では、素人アダルト動画配信が相変わらずの隆盛ぶりだ。10以上の素人アダルト動画チャンネルを制作するPornhubプロデューサー「高橋」@pornhubmasterx氏は、その中でも最新の変化について次のように話す。 「YouTubeやSNSでのゆるいアダルト動画を呼び水に、有料ファンクラブサイトに誘導する構図はここ半年間で変化していません。ただ、今後はよりマネタイズの最適化を図る必要があり、PornhubからはOnlyFansへ、Twitterからは日本のユーザーと親和性の高いFantiaやMyfans、CandFansなどへ導線を作る必要がありますね。何より、参入者が日に日に増えているので特殊性癖に特化するなどの工夫も必要になりました」  顔をマスクで隠せる上、スタイルが良ければ基本的にファンがつくため気軽に志願する素人女性が急増しているのも挙げられるとか。 「普通に正社員をしているコのほうが副業としてチャンネル開設してちゃんと活動する傾向がありますね」(高橋氏)

月50万円稼ぐ女性も

 スレンダーな体形と体の柔らかさが売りの「意識高エロいミキティ」さん(25歳)も会社員をしながら、有料会員制サイトでの動画配信を副業にしている。全裸にスニーカーを履いて行うアグレッシブな性行為やサバサバしたキャラクターなどが人気を呼び、今年6月の活動開始から、すでに9月には約50万円の収益を得た。
副業

意識高エロいミキティさん

「将来の目標のために単純にお金が必要だったこともありました。それに、いろんな人と会うのが好きなので。写真を撮られ慣れてないのですが、マスクをして別人になりきっているせいか、恥ずかしさや不安は感じていない自分にびっくりしました」  だがコロナ禍の収束が見えてきたこともあり、長く続ける気はなく「1000万円稼いだらやめると決めています」と言う。来月からは自身のコンテンツをNFT化することも考えているという。  アダルト副業界隈においてもコンテンツのNFT(非代替性トークン)化が検討され始めており、投資商品として付加価値をつけて販売できるようになったことは大きい。高橋氏も、「ある程度ファンのついている女性のアダルト写真を試験的に1万円程度から販売してみる予定です。反応が良ければ積極的に導入していきたい」と言う。
次のページ
昔のファンとの邂逅。安すぎるギャラでも満足
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠