エンタメ

狂った笑いを追求する男・ハリウッドザコシショウ「俺にとってお笑いの舞台は、動物園と同じ感覚」

『あらびき団』で頭角を現し、2016年には『R-1ぐらんぷり』チャンピオン、そして今年は審査員まで務めたピン芸人・ハリウッドザコシショウ。20年以上も地下でくすぶりながら、己を貫き通せた理由、そして狂気の芸に込めた信念とは?異能の芸人の生きざまに迫る―― ハリウッドザコシショウ あら削りな一芸を持ったパフォーマーを紹介する伝説のネタ番組『あらびき団』が、10月14日に約3年ぶりに復活した。世界のナベアツやどぶろっくなど、数多くのクセの強い芸人たちを輩出してきたが、そのなかでも“キング・オブ・あらびき”の称号を我が物にしているのがハリウッドザコシショウだ。その狂気の芸の奥底には何があるのか? 28年にわたる、これまでの激動の芸人人生に迫る!(取材は、放送日前の10月7日に実施) 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

“キング・オブ・あらびき”はもう返上でいいかな

――ザコシさんが表舞台に浮上する大きなきっかけとなったネタ番組『あらびき団』が復活しました。 ザコシ:もちろん恩返ししたい気持ちが一番。ただ、あらびき団はMCの東野さんと藤井君にいじってもらって成立する番組で、ネタをやるというより、いかにインパクトを残せるかが勝負。そういう点で、くすぶってる地下芸人にとっては名を売る絶好のチャンスだし、実際、俺もめちゃくちゃ世話になったけど、やっぱり芸人としてはちゃんとネタがしたいよね。だから、恩返しはするけど、“キング・オブ・あらびき”はもう返上でいいかな。 ――あらびき芸はネタじゃない? ザコシ:あらびき団のネタは、二人の掛け合いが始まるきっかけにすぎなくて、たとえクソつまらないネタでもイジって面白く仕上げてくれる。それを「二人が爆笑していたから」なんて勘違いして、ライブでまんま同じネタをやったら、当然バカ滑りよ。MCの二人はプロだけど、こっちは遊びの延長みたいなもんだから。完全に他人のふんどし。 最近の番組で近いのは、『有田ジェネレーション』なんかがまさにそうだな。いるんだよ若手で、「有田さんにハマった」「番組でハネたから売れた」って自分の実力を過大評価するヤツが。俺が「有田さんや小峠がイジってくれるから、笑いになっているだけだからな」と釘を刺しても、本人は有頂天で耳を貸さない。そんな調子だから、よその番組で同じネタをやってド派手に散る。そりゃあ、そうでしょうよ。地肩ができてないんだから。 まあ、これは俺も通ってきた道だし、だからこそあらびき団でハマっても「ネタが評価されたわけじゃない」と、自分を戒めることができるようになったんだけどね。失敗を経験していないと、知名度だけの“なんちゃって芸人”に陥りやすいんだよ。

99%まで仕上げて残りの1%が見える

ハリウッドザコシショウ――では、自分のネタが評価されたと実感したのは、いつ頃? ザコシ:本当に認められたと実感したのは、2016年の「R―1ぐらんぷり」で優勝したときだな。それまでは、あらびき団で知名度が上がって、よその番組でも笑いが取れるようになってきて、エゴサーチでも「ザコシ、面白い」と評判も上々。芸人仲間から「やっと売れるやん」と言われるのに、なぜか次の仕事に繋がらない。 現場でどんなに爆笑をかっさらっても仕事が増えないし、生活もカツカツ。不思議なもんでさ。っていうのも、仮に100%で売れるとすると、99%までは努力でなんとかたどり着ける。で、天才と呼ばれる人たちは残りの1%を才能で超えられるけど、俺みたいな凡人はその1%が超えられない。 ――凡人が残りの「1%」を超えるには、何が必要なんでしょう? ザコシ:やっぱり「運」がデカいよ。2016年の「R-1ぐらんぷり」ではファーストステージで8本、ファイナルステージで6本、計14本の誇張モノマネをやったんだけど、これらのネタは、過去10年の単独ライブやYouTubeでやった数百本のネタから選りすぐりの上位14本。これを仮に2015年にやっていたら、まだ芸風が認知されきってない状態で、ウケも弱かっただろう。 じゃあ、2017年ならイケたかというと、アキラ100%がいたから難しい。当時のあいつの勢いはすさまじかったし、裸芸もかぶるし、もし2016年が準優勝で終わったとしたら、15位以下のネタしかストックがないわけだから、なおさら厳しい。というわけで、自分にとっては2016年が唯一の優勝のタイミングだった。そこを逃したら、不運と踊って、売れない求道者を続けていただろうし、そんな芸人はごまんといるから。 ――M-1が休止している間に涙をのんだ芸人も多そうですね。 ザコシ:だろうね。でも、運をつかみ取れるかも芸人次第だし、俺なんか20年以上も地下でくすぶっていたわけだから(笑)。俺にとってR-1と同じくらい勝負の場になっている『ドキュメンタル』だって、シーズン5とシーズン7で優勝したけど、くっきーのいたシーズン4、ゆりやんのいたシーズン6だったら、芸風的に正直きつかったと思う。
次のページ
面白くないは罪。狂暴な獣でありたい
1
2
3
4
5
6
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠