仕事

中年社員vs.会社の戦い。なぜ自己評価と上司の評価が違ってくるのか

 薄給の20代、激務の30代を乗り越えてきたのに、終身雇用は崩壊し役職はつかずに給料も頭打ち。転職しようにも、社内で再評価されようにも外されたはしごを掛け直してくれる味方はいない。“無理ゲー”と化した会社で中年社員が生き抜く術はどこにあるのか。  かくも厳しい中年社員たちの現状。周りを見渡せば敵だらけ、四面楚歌ともいえる戦場に立ち尽くす諸兄には今を生き抜くための戦略が必要だ。 生存戦略 会社は幻想であることを受け入れ、自己評価をやめ、会社に依存しない生き方を模索することこそが、現代の中年社員のサバイバル術。その方法を詳しく解説していこう。

自己評価なんてものは存在しない

生存戦略

安藤広大氏

 四面楚歌な状況において、まずは「自分自身」を客観視することが肝要だと、組織コンサルタントの安藤広大氏は語る。具体的にはどういった心づもりでいるべきなのだろうか。 「40~50歳ぐらいでリストラに危機感を覚えている方と話すと、自分を高く評価している人が多い。自己評価なんてものは存在しないと思ったほうがいいです。  評価は他人がするもの。評価者である上司が、一体何を求めているのか、明確にする作業をしていかなければなりません。 『人から評価される』ことから逃げ続けては、いつまでたっても現状を打開することなどできません」

いくつになっても給料を払う価値がある人材になるには

生存戦略 また安藤氏は、いくつになっても給料を払う価値がある人材でいるためのスキルを明かす。 「加齢とともに体力が落ちていくので、仕事量では、いつか若手に負ける日が来てしまう。本来は、なるべく早期の段階で『人をマネジメントする』『チームを率いる』経験をして、高い給料がもらえる“替えの利かない”ポジションを獲得するべきですが、まずは評価者である上司に、自身が達成するべき定量的な目標を確認するのがいいでしょう」
次のページ
冷静に自分の評価を判断すること
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白