仕事

昇級が見込めない中年社員の戦い方。会社に正しく評価させるには?

 薄給の20代、激務の30代を乗り越えてきたのに、終身雇用は崩壊し役職はつかずに給料も頭打ち。転職しようにも、社内で再評価されようにも外されたはしごを掛け直してくれる味方はいない。“無理ゲー”と化した会社で中年社員が生き抜く術はどこにあるのか。  かくも厳しい中年社員たちの現状。周りを見渡せば敵だらけ、四面楚歌ともいえる戦場に立ち尽くす諸兄には今を生き抜くための戦略が必要だ。 生存戦略 会社は幻想であることを受け入れ、自己評価をやめ、会社に依存しない生き方を模索することこそが、現代の中年社員のサバイバル術。自分の仕事を正しく評価し、人材としての価値を高めていくための方法について紹介する。

雇用側を信頼しすぎないことが大事

生存戦略

安藤広大氏

 人事や会社側は組織の利益を追求するため、個人と対立構造に陥りがち。この戦いを極力避けるにはどうすればいいのか。 「会社に誠心誠意尽くしてきたとしても、50代に入り、急にセカンドキャリア支援の話をされることもあります。フリーランスのテレビタレントと同じ感覚を持ち、雇用側を信頼しすぎないこと。  不安があるなら、自分の市場価値を上げるために、例えば経理だったら英語を学んでみるとか、上司の懐に常に入り込んでおくとか、対処法は必要ですね」(組織コンサルタント 安藤広大氏)

“守られている”意識はあまり抱かないほうが良い

生存戦略

常見陽平氏

 労働社会学者の常見陽平氏も、“守られている”意識はあまり抱かないほうが良いと言う。 「人事も経営者も一人だけを見て仕事をするわけにはいきませんよね。人材マネジメントは必要利益を達成するためなら、宝塚や新日本プロレスのように血の入れ替えをいとわない。  であれば、いかに目をつけられないか、争わないかが大事になってきます。これから昇級が見込めないのであれば、期待された仕事に応えられ続けているかどうか、そのあたりが勝負ですね」
次のページ
自分の仕事を定量化することが重要
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白