ニュース

歌舞伎町に蔓延する新たな薬物“シャーペン”「シャブって言われると怖いけど…」

―[ルポ歌舞伎町]―
 1回目の緊急事態宣言で歌舞伎町から酔客が消えた。しかし、一度まっさらになった街に、人々が戻り始めている。新陳代謝を終えた今こそが、歌舞伎町の転換期であることは言うまでもない。変貌を遂げる東洋一の歓楽街の最前線に迫った。今回は歌舞伎町に蔓延する新たな薬物の事情を探っていく。

電子タバコで吸引できる覚醒剤リキッド

ルポ歌舞伎町

薬物常用への入り口のような機能を果たしている「シャーペン」。歌舞伎町に来たばかりの女のコも手を出してしまうという

 ここ数年、若者を中心に広まっている薬物「大麻リキッド」は、その成分が入ったカートリッジを電子タバコなどの本体に取り付けて吸引することが多い。その形状から、通称「ペン」とも呼ばれている。  しかし、ここ歌舞伎町においてはすでに「ペン」は過去のものだ。現在この街では、「シャーペン」なる薬物が流行しているという。電子タバコで吸引できるように加工した覚醒剤リキッドのことで、国内では’18年に初めて摘発された。自身も「シャーペン」を愛用している歌舞伎町で風俗のスカウト業を営む男性が言う。

1本1万円

「シャブペンでシャーペン。歌舞伎町に出入りする暴力団のシノギになっていて、私は売人から1本1万円で買っている。目的はみんなS○X。1本あれば2人で一晩楽しめる。売人としてはまずはシャーペンで慣れてもらい、次第に炙りやポンプにも手を出させ、上客に育てたいんだろうね」
次のページ
カッキーンとはこないけどジワッてくる感じ
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白