ニュース

激変する夜の街の女性たち「歌舞伎町が渋谷のセンター街のような雰囲気に」

―[ルポ歌舞伎町]―
 1回目の緊急事態宣言で歌舞伎町から酔客が消えた。しかし、一度まっさらになった街に、人々が戻り始めている。新陳代謝を終えた今こそが、歌舞伎町の転換期であることは言うまでもない。変貌を遂げる東洋一の歓楽街の最前線に迫った。

歌舞伎町を訪れる客層の変化

ルポ歌舞伎町

ホストの大看板群
各グループの人気ホストたちが競い合うように、大看板の枠を取り合っている

 歌舞伎町は新型コロナを忘れたのだろうか。コロナ前と同じ水準とまでは言えないが、人出の回復は街を歩いてみれば一目瞭然だ。
ルポ歌舞伎町

妹尾ユウカ氏

 とはいえ、戻ったのは人の数だけだ。歌舞伎町を訪れる客層は大きく変わった。夜の街で働く女性たちの実態に詳しい恋愛コラムニストの妹尾ユウカ氏が話す。 「歌舞伎町ではコロナ禍にホストバブルが起きましたが、その狂乱は衰えるどころか今もなおエスカレートし続けています。単純に歌舞伎町へ飲みに来ているという人は著しく減り、ホストとその客が街を席巻しています」

どこでそんな大金を?

 しかし、ホストの客はどこでそんな大金を稼ぐのだろうか。風俗で稼いだお金だけでは到底まかなえない。 「風俗嬢たちは指名客に裏引きを持ちかけ、店の外で稼ぐようになりました。ただ、今、歌舞伎町のホストバブルに参加しているのは風俗嬢だけではありません。港区でパパ活をしている女のコたちもこぞって歌舞伎町のホストクラブで豪遊しています」(妹尾氏)
ルポ歌舞伎町

仙頭正教氏

 いくら歌舞伎町でホストバブルが続こうと、一般の男性たちには関係のない話かもしれない。ただ、「僕らが知っておくべきことがひとつあります」と語るのは、歌舞伎町ウオッチャーの仙頭正教氏だ。
次のページ
風俗嬢たちが大金を稼ごうと一気に押し寄せた
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白