ライフ

老害化は48歳までに決まる!? 年齢とともに怒りっぽくなる「3つの要因」

 高齢者の傍若無人ぶりが注目を集めている。総人口の3割が65歳以上となった現代ニッポンにおいて、老害への対処は必要なスキルだ。6月28日発売の週刊SPA!では「超老害社会サバイバル術」を特集しているが、その中で、われわれが気になることといえば、厄介な存在となる「老害」を生み出すメカニズム。そこには年齢とともに、3つの要因が関係しているという。

人はなぜ老害化するのか?

老害 昭和・平成・令和と激動の時代を生き抜き、豊富な人生経験と知恵を持つはずの高齢者。本来なら敬われるべき彼らはなぜ老害化するのか。 「人間の知能を司る『前頭前野』が加齢によって萎縮すると、感情抑制機能や判断力の低下、性格の先鋭化が起きます。そして、厄介なことに加齢によって真っ先に機能が低下するのが前頭前野なんです」  そう語るのは、脳科学者の澤口俊之氏だ。脳科学の世界では前頭前野が司る知能を「結晶性知能」と「流動性知能」に分けて考えるという。  経験や知識の蓄積である「結晶性知能」は年を重ねることで高まるが、状況に応じた柔軟な思考力や“地頭の良さ”を示す「流動性知能」は25歳ごろにピークを迎え、加齢とともに低下し続ける一方。さらに65歳前後から低下が加速するという。 「加齢で進む流動性知能の低下を、結晶性知能で補えている人は、年を取っても老害化しません。裏を返せば、老害化する人は結晶性知能が低いということ。老害化は、結晶性知能を高める時期である中年期の過ごし方に大きな分岐点があるのです」

老害化するか否かは47~48歳で決まる!?

老害“中年の危機”というワードを聞いたことがある人も多いだろう。40~50代で「自分の人生はこれで良いのだろうか」などと考え、人生の幸福度・満足度・やる気に低下が見られる時期を指す言葉だ。 「この時期を漫然と過ごすことで知的好奇心を失ったり、仕事への前向きさを失うと、結晶性知能の上積みができないまま高齢期に突入してしまうわけです。すると前頭前野の萎縮による流動性知能の低下を結晶性知能で補えなくなり、老害化していきます」  脳科学では、47~48歳で幸福度・満足度・やる気の底が来るといわれている。加齢による脳の老化は不可抗力だが、老害化するか否かはこの時期の過ごし方にこそ分岐点があったのだ。
次のページ
高齢者が怒りっぽくなる3つの要因
1
2
週刊SPA!7/5号(6/28発売)

表紙の人/ King & Prince

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白