仕事

新日本プロレス・内藤哲也、デビューから9年は挫折の日々「勝ったらブーイングの嵐」

 旗揚げ50周年を迎えた新日本プロレスと週刊SPA!が衝撃タッグを実現した。金曜夜8時の黄金期、選手の大量離脱、会社の身売り……そしてV字復活の今。人気を誇る新日本プロレスの選手たちに、カウント2.9から立ち上がる、「新日本プロレス流・人生逆転術」とは?  彼らの言葉には現代人の生きるヒントが詰まっている。新日本流で、混迷極まる時代を乗り越えろ! 今回は“制御不能なカリスマ”として絶大な人気を誇る内藤哲也選手に、逆転勝ちの極意について聞いてきた。

デビューからの9年、挫折の日々

『新日本プロレス流「人生逆転術」』内藤哲也選手 プロレス大賞MVPを3回受賞するなど、“制御不能なカリスマ”として絶大な人気を誇る内藤哲也。デビューからの9年は挫折の日々だったと明かす。 「かつての自分は新日本プロレスでもいわゆる“王道”路線の選手。年功序列ではないが、いつか自分の時代が来るものと信じていました。’13年夏、『G1 CLIMAX 23』優勝決定戦で当時の絶対的エースだった棚橋弘至を破って初優勝を飾ったのに、怒号に近いブーイングが浴びせられた。今振り返れば、よく見られようとしてばかりで、お客さまにそれが見透かされていた。でも当時はブーイングの理由がわからず、試合をするのも憂鬱でしたね」

本場のメキシコ遠征で内藤を変えた出会い

 数年にわたるブーイングの嵐のなか、“浮上”を狙った内藤は、自由な闘いを意味する“ルチャリブレ”の本場のメキシコ「CMLL」に向かう。 「現地で『ロス・インゴベルナブレス』というユニットに出会ったんです。観客に媚びず、自分たちのやりたいプロレスを追求する彼らの振る舞いに価値観を揺さぶられましたね。カッコつけすぎていた自分を恥じましたよ。自分のやりたいことを追い求め、自分の言葉で話す。そうして初めて観客が耳を傾けてくれるんだとわかった。着飾らない本音こそが伝わるんです」
次のページ
本音をきちんと伝え続けたら次第に歓声が増えてきた
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ