ライフ

毎日LINE、新婚旅行に同行…娘と孫に執着する母。逃げるために取った策とは

 近しい関係だからこそ、些細なことで取り返しのつかない事態にまで発展する家族問題。今回は、母親の異常な執着に頭を悩ませた女性に取材し、家族間トラブルの深層を探ってみた。

彼氏と別れ、娘を束縛しはじめた母

[実家がつらい]の深層 母親

※画像はイメージです(以下同)

 坂井由香さん(仮名・33歳・販売接客業)が2歳のとき、両親は離婚した。以降シングルマザーとして育て上げてくれた母が、今とても厄介なことになっている。 「物心つく頃には私は祖母の家に預けられていました。母と同居が始まったのは中学生になった頃。同居後も、母は彼氏の家に入り浸り、私のことは放置。高校卒業後、就職先は『家から通えるところでないと許可しない』と言われたときは、あまりの変化に戸惑いました。  休日に友達と予定を入れると『私を置いていくのか』と不機嫌になる。思い返せば、私を束縛し始めた時期と、母が彼氏と別れた時期が一致するんです」

結婚しても“母との同居が条件”

部屋 母が自分に干渉する理由に、愛を感じられないことも確執を深める原因の一つだ。新婚旅行にも当然母がついてきたといい、「あの頃、どうにか距離をとっていれば」と振り返る。 「結局、母は自分が一人で過ごすのが嫌なだけ。7年前に私が結婚したときも、母との同居が条件でした。2年ほど同居し、長男が生まれ、4年前にようやく同居解消。そのときも『話が違う!』と大騒ぎ。激高されるのが嫌で、母の要求をのんできた結果、今は孫への干渉が始まりました」
次のページ
孫への束縛もエスカレート…
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ