現役アイドルからの「手書きの手紙」に反響続々

山下ゆかり

山下ゆかり。SKE48チームKII所属、4期生。昨年のSKE48組閣前はチームEに所属していた。

 今、“アイドルが送る手書きの手紙”が、ファンの間で話題となっている。その手紙を送っているアイドルというのが、SKE48に所属する山下ゆかりだ。この手紙、実はGoogle+(以下、ぐぐたす)上で投稿されたものであるが、意外とこれが「ありそうでなかったいい企画」「推してしまいそう」とファンから好評。人気企画となっているのだ。

 そんな“手書きの手紙を送る”山下ゆかりにインタビューを敢行。手紙に対する思いを聞くとともに彼女の魅力に迫った。

――今、手紙の反響が大きくなっているみたいですが、まずどうして手紙を始めようと思ったんですか?

山下:もともと、ぐぐたすでなにかやりたいなっていうのはあって模索してたんです。いただいたファンレターを読んいでるときに、ファンの方に手紙を書いてみたら喜んでもらえるかなって思って。私、実は書くことが好きなんです。高校でも勉強は嫌いだけどノート取るのは得意みたいなコだったので、手書きの手紙にしようと思いました。でも、実際に書くと一人一人にはさすがに書けないなって思って……。なら、ぐぐたすに上げてみようって思ったのが最初だったんです。

――その後、すごい反響があったみたいですが

山下:率直に嬉しいです。今はちょっとドームコンサートまでの準備に集中したいのでお休みしているんですが、去年の11月に初めてもう50通は書いていましたね。手紙を見て、ぐぐたす上でコメントはくれないまでも、握手会に初めてきましたっていうファンの方もいたんです。そんなこともあって今は書ける限り続けていこうって思いますし、ブログとかよりも伝えれる気もするので、大事なことほど手紙に書くようにしてます。

――山下さんに感化されて、手紙を書いてきてくれたファンの方もいたとか?

山下:そうですね、ファンの方からのお手紙の数は増えました。初めて書きましたって人もいて、初めてが私なんかでいいのかなと思ってしまいました(笑)。

――他にも手紙を始めたことで変わった部分とかありました?

山下:いろんなネタを探すようになりました。メンバーを見ているだけでも毎日が発見で、楽しいなって思うようになったんです。

――1通とはいえ、手書きの手紙を用意するのは大変な作業では?

山下:時間的に書けないときはお休みしてますし、無理はしてないです。字も汚いし書くのも最初は「どうしようどうしよう」って、5回~10回は書き直してたんです。でも紙がもったいないなって思ったので、ノートに下書きしたり、思いついたときに携帯にメモしたりして、最近は30分くらいで書けるようになりました。それにもっと手紙が浸透していけばいいなって思うので頑張りたいんです。

――手紙以外の部分では、山下さんは公演で歌っていた「虫のバーラド」がSKE48のリクエストアワーで‘12年・13年と2年連続トップ10入りして注目されたこともありましたよね。

「逆上がり」公演初日の山下ゆかりの写真。「逆上がり」公演はもともとAKEB48のチームKが行っていたが、'12年5月よりSKE48チームEが行うようになった

山下:はい。なんか信じられないですけど(笑)。去年は、「虫のバラード」を歌っていた「逆上がり」公演が終わっていたこともあって、まだ見たことないって方が「見たい」って投票してくれたっていうのもあったみたいです。たくさんの方にそう思っていただけたのは嬉しいことですね。

――「虫のバラード」はもともとAKB48の秋元才加さんのソロ曲ですが、去年の場合、秋元さん卒業後の披露になりました。公演で歌っていたメンバーは山下さんしか居なくなってしまったのですが、自分なりの「虫のバラード」にたどり着いた感じはありますか?

山下:最初からくらべられてた部分はあったので、どこか秋元さんみたいに完璧にやらなきゃって思ってたところはありました。でも秋元さんが「虫のバラードは、誰のものでもないから、誰の真似をするでなく自分の想いで自分が感じるままに歌ってみてください」と言ってくださって、自分のやり方を見つめ直すきっかけになりました。

――具体的にどのようにやっていたの?

山下:結構コンサートとかではいろんな方が「虫のバラード」を歌っていたので、会場や映像で見て研究してたんです。でも一切見ないようにしました。自分のなかだけでイメージを作ろうと思って。歌い方も自分流に変えてみたりしました。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=576330

――最近では今やってる「シアターの女神」公演でも、本来担当している高柳明音さんが居ないときは「夜風の仕業」というソロ曲も任され、歌唱力への評価が上がっているように思いますが。

山下:歌うことが本当に好きで、保育園の頃からずっと歌手になりたいって思ってたんです。それが今、「虫のバラード」や「夜風の仕業」などのソロ曲を多くのメンバーがいるなかでやらせてもらえるのはすごいことだなって思います。

――今、ソロでやってみたい曲とかありますか?

山下:今ですかぁ。うーん、松井玲奈さんの「枯葉のステーション」!やってみたいですね(笑)。

――今後の目標は?

山下:新しいことに挑戦したくて楽器とかに手をつけてみようかなと。ただやっぱり歌が好きなので、弾き語りができるもので挑戦できればいいなと今たくらんでます(笑)

※山下ゆかりから読者への手紙は日刊SPA!にて公開中
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=576390

山下ゆかりが取材に際して書いた手紙

<取材・文/ヤスオ 撮影/青山裕企 写真提供/AKS(公演写真)>

山下ゆかり●山下ゆかりの「虫のバラード」が聞けるDVDが発売中
http://ske48-dvdcatalog.com/request2013/

●【SPA!】SKE48謎解きParts
https://plus.google.com/+spa_ske48/posts

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中