「総合エンターテイメント施設」を自称する、水野しずの独創的すぎる自宅を訪問

 水野しずの正体は謎めいている。次世代のアイドルを発掘する「ミスiD2015」でグランプリを獲得して以降、数々のPVに出演し、ファッションモデルにも抜擢。一方で、若手の現代美術作家と名を連ねて絵画の展示をしたり、WEB連載する漫画家としての顔も併せ持つ。また、「シブカル祭」では渋谷パルコの壁面ペイントに起用されるなど、彼女はいまやサブカル界から引く手あまたの存在だ。

 このたび、彼女が住む六畳一間の古アパートの自室で取材を敢行した。天井やベッドには色とりどりのタープが張られ、床は本や漫画、そして自筆の作品で埋め尽くされている。遮光カーテンと目張りで塞がれた窓からは外界の光が一切漏れてこない。そこには、確固たる彼女だけの小宇宙が広がっていた。

水野しず――日光が苦手だそうですが、何か理由があるんですか?

水野:なんででしょうか。不愉快だからでしょうか。不愉快だからですね。日光にあまりいいイメージがなくて、カーテンの隙間から日光が差し込んでいると、水道の水が出しっ放しになっているような気分になるので、できるだけ部屋に入ってこないように努力をしています。

――水野さんはライブアイドルではなく、アーティストやモデルとして活動してきましたが、「ミスiD」にノミネートしたのはなぜですか?

水野:私が何事にもこだわりが強い上に、妥協とかができない性格なので厄介なんですよ。アウトプットが過剰すぎて、受け止める人に相応のエネルギーが必要になってしまうんです。でも、人間が好きなのでなるべく人に話を聞いてほしい。だから、どうやって話を聞いてもらうための付加価値を付けるかということを常に考え続けていて。その手段として“アイドル”を選択しました。愛されたいんです。

――アートやサブカルといった多様性を、今一番担保してくれる“フォーマット”がアイドルだとも言っていましたね。

水野:でも、営利目的でやっているわけじゃないから、職業を聞かれてもアイドルとは答えにくいですね。もっとテキ屋みたいに、屋台を引いて時価で身の回りにあるものを売り歩きしているようなイメージです。

――だからあえて肩書を名乗らず、「総合エンターテイメント施設」と自称している、と。

水野:その肩書自体が質問を要求する構造になってしまっていて、厄介なので自分からは自称しませんが……。Wikipediaにはそう書いてあります。本当は「無職」でもいいんです。生きてるだけ。

――以前は、「鳥居みゆきっぽい」「山口小夜子っぽい」など既存の人たちに当てはめて消費されるのに抵抗があったようですが。

水野:今は気にしません。どうしたって違うので。

 彼女の内面に迫るインタビューはまだまだ続くのだが、この先は7/29発売の週刊SPA!に掲載されている『エッジな人々』にて!

取材・文/福田フクスケ 撮影/菊竹 規 ヘアメイク/高野雄一

週刊SPA!8/4号(7/28発売)

表紙の人/進撃の巨人

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中