恋愛・結婚

月収400万円!? 「配信カップル」の性活に密着してみた

 ポルノ投稿サイトに自らのエロ動画を晒して稼ぐ素人が増えている。アダルト動画共有サイト「Pornhub」に投稿する“Pornhuber(ポルノハバー)”には日本人の姿もある。第一人者と知られるのは、リアルカップルのSEX配信が人気の「えむゆみカップル」だ。  昨年末に活動を開始してから、8か月で登録者は6万人以上で、動画広告やファンクラブの収益が月収400万円を超えるとか。普段から彼らの動画を拝見していた記者が彼らの“性活”に密着させてもらった。 「SEX配信カップル」の性活に密着してみた

月収400万円!? 「SEX配信カップル」の性活に密着してみた

 7月某日のお昼すぎ。東京郊外にある年季の入ったマンションのチャイムを鳴らす。「初めまして。今日はよろしくお願いします」と迎え入れてくれたのが、りょーちんさん(23歳)とあゆみさん(20歳)の二人。派手な生活を送っている様子はなく、2Kの間取りに暮らす礼儀正しいカップルだ。 続きを読むには会員登録orログインをしてください。 ※ログイン後も下記のボタンは表示されます

新規会員登録はこちらから>>>

 スケジュールを聞くと、「午前中は投稿作業やSNSのコメント返信、事務作業をしています」(りょーちん)。  ほかには、Pornhubでトレンドワードのチェックをしながら、動画のテーマを決めたりしているとか。正直、ノリで撮影してるかと思いましたよ……。  内容が決まると、午後から二人で協力して撮影準備に取りかかる。何度も見た動画内で登場する“茶色のマットレス”が目の前に!   準備が済んだ二人はなぜか台所へ。流し台の下を開けると大量のエログッズが。「行為は変わらないから、飽きさせない工夫が大切なんです」(あゆみ)という。

いよいよ撮影開始

 いよいよ撮影開始。「こんにちは。えむゆみカップルのあゆみと」「ドMくんで~す!」という、いつも冒頭で行う挨拶から撮影が始まった。最初は“家政婦は見たスタイル”で見学していた記者だったが、我慢できなくなり、神聖なマットレスの上にもお邪魔させてもらうことに。 「SEX配信カップル」の性活に密着してみた「SEX配信カップル」の性活に密着してみた「誰かとコラボするの初めて」「興奮するね」と、記者に見せつけプレイを楽しむ二人。残念だがここで退出させられ、隣の部屋で待機することに……。  45分後。部屋に入って、マットレスを見るとペットシートがある。「彼女の“潮吹き”がすごいので、『これはくるな』って思ったらサッと敷くんです」(りょーちん)。  少し休むと、二人で仲良く編集作業。まったりくつろいでスマホを見ているかと思いきや、モザイク処理の真っ最中だった。 「性教育は海外のほうが寛容。もっと日本でも私たちのような存在が受け入れられてほしい」(あゆみ)  そんなマジメな一面を見せる二人に対し、これからはもっと真剣に動画を見ますと誓う記者でした。

自宅兼撮影場所に潜入!いざ撮影開始

1.二人で撮影の機材を仲良くセッティング  リングライトや撮影用マイクなど準備。お互いに声をかけながら、二人で作り上げていく 「SEX配信カップル」の性活に密着してみた2.小道具選びとYouTube用の撮影  Pornhubの導入部分になるYouTubeを撮影。「私たちのキャラを全面に本編が見たくなるようなストーリーを心がけてます」(あゆみ) 撮影に使用する小道具は台所の流し台の下に収納。「自分たちで購入したり、ファンの方からのプレゼントも多いですね」(りょーちん) 「SEX配信カップル」の性活に密着してみた3.Pornhub用の撮影がスタート! お馴染みのマットレスで燃える二人に見入る記者。Pornhubに出演するにはパスポート申請が必要で1週間以上かかるという 4.モザイク加工などの編集作業を分担して行う 編集作業は1本2時間。「性器ばかりに目がいって顔にモザイクし忘れたことも(笑)」(りょーちん) 「SEX配信カップル」の性活に密着してみた「SEX配信カップル」の性活に密着してみた <担当記者のホンネ> SEXを楽しみつつも、立派なクリエイターがそこにはいた 【えむゆみチャンネル】 交際歴1年のカップルPornhuberが運営。現在までに投稿した動画の総再生回数は5300万回を超える。Twitter:@emuyumi_couple 「SEX配信カップル」の性活に密着してみた<取材・文/週刊SPA!編集部>
週刊SPA!8/10・17合併号(8/3発売)

表紙の人/ 大原優乃

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事