ライフ

平均年収436万円でもらえる年金額はいくら? まじめに払ってもツラい現実

厚労省の調査によると、世帯主が50代の場合、貯蓄額は平均1049万円ほど。ただ、一方で貯蓄ゼロ世帯は14.8%もあり、実に6世帯に1世帯が「貯金ゼロ」というのが現実だ。そんな彼らを待つ老後とは、いかなるものなのか。年金だけで暮らす場合の家計簿を作成した。 [貯金ゼロ円]の老後

年収436万円男の老後、生活費はわずか15.5万円

 老後2000万円問題が世間を賑わせ、国民の多くが自分の預金額に頭を抱えてから早2年。国税庁が前年発表した民間給与実態調査によれば、日本人の平均年収は436万円と前年に比べて僅かに減少しており、貯蓄はよりしにくい環境になっている。  綻びはすでに見えていた。厚労省が’17年に発表した「国民生活基本調査」によると、世帯主が50代の世帯における貯蓄ゼロの割合は14.8%。6世帯に1世帯は貯蓄ゼロ、あるいはマイナスの生活をすでに強いられているのだ。  ファイナンシャルプランナーの大西真人氏が語る。 「多くの世代の方から相談を受けますが、50代は子供の教育資金や家のローン、各種保険料など、なにかと出費が嵩む時期。ここまで貯蓄できなかった人がその後、急にできるようになるケースを私はほとんど見たことがありません。貯蓄ゼロで50歳まできてしまったら、その後もゼロのままで推移するのが常。よって貯金ゼロ円で65歳を迎えることになる人は潜在的にもっといると考えるのが妥当で、今より増えると予想されます」

必要な金額は月20万円

 平均的なサラリーマンの場合、65歳時にもらえるであろう年金の手取り額は夫婦で15.5万円ほど。これは先に挙げた日本人の平均年収を基に算出した数字だが、「一般的な生活を送るために必要な金額は月20万円。これは総務省が発表している数字です。そのため、平均年収で貯金ゼロのまま老後に突入してしまった場合、年金のみで生計を立てるのはかなり困難ですね……」と大西氏。とはいえ、それが起きる現実はすぐそこまで迫っている。  では、年金のみで暮らす生活というのは、どれほどのものなのか。大西氏の協力のもと編集部で家計簿を作成した。
次のページ
年金15.5万円世帯の家計簿
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事