仕事

パワハラ&激務に苦しんだ中年SE、「自殺寸前」から資産4500万円に到達するまで

「人生100年、定年70歳!」などといわれているが、70歳まで今の会社にいられるとは限らない。企業は早期退職で中高年社員を追い出しにかかり、残っても賃金カット、職場は針のむしろということも。実は高難易度の会社員後半。どうサバイブすべきかを探ってみた!

早期リタイアを目指した独身エンジニア

 つらいのに、辞められない。多くの中年会社員が陥るそのジレンマから見事脱出できたのが、SEとして働く真田太さん(仮名・45歳)だ。  十数年前、上司とそりが合わず、自殺寸前まで追い詰められた真田さんは、その頃から早期リタイアを目指し、虎視眈々と資産形成を進めてきた。
70歳まで働く方法

「出世もしなくていいし、給与も多くなくていいので、定年まで高圧的な人間と関わらずに平和に働けるのが理想です」と語る

「現在の資産は4500万円で、目標額は5000万円です。リタイアの一つの目安は、資産額の4%が年間支出額になる『4%ルール』が有名です。妻子もいない僕の場合は、年間の生活費は200万円ほど。だから、ひとまず5000万円の資産を貯めて、年間の運用益200万円を得るまでは会社を辞めないと決めています」

目標達成後も会社勤め継続の予定

 手取り年収500万円の半分は貯蓄しているため、目標額の達成まではあとわずか。だが、達成後も即リタイアは考えていないとか。 「昨今はFIREも話題ですが、嫌な上司とは離れられたので、焦って辞める必要はなくなりました。正直、先行きの見えない時代なので、働けるうちは働かせてもらえるほうがありがたい。現在も朝9時から終電まで働く厳しい日々ですが、以前のように自殺を考えるほど追い詰められる状況でなければ、定年まで働くと決めています」
次のページ
どん底だった職場環境が好転した理由
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠