ライフ

世帯年収300万円と1000万円では健康意識も違う? 残酷な格差の実態とは

 年収と健康には因果関係がある――近年、さまざまな研究によってそんな事実が明らかにされてきた。格差が広がる日本でも問題視され始めた「健康格差」が今、新型コロナの影響で深刻化している。残酷なまでに広がりだした“命の格差”の実態に追る。今回は1000人調査で判明した世帯年収300万円と1000万円の「健康意識」の違いを比較する。

1000人調査!年収別「健康意識」の違い

年収×健康 残酷な格差 健康格差を生む要因のひとつである収入。この差でどのような意識の違いが出るのか。SPA!は今回、世帯年収300万円以下の男女500人(40~59歳)と、世帯年収1000万円以上の男女500人(同)に健康に関するアンケートを実施。同じ質問を2グループにしたところ、医療に対する意識や生活習慣に大きな違いがあることがわかった。

健康診断を受ける頻度がまるで違う

 まずはQ1「健康診断や人間ドックを受ける頻度」についての結果だ。300万円以下だと43%が1年に一回も健康診断を受けておらず、5人に1人が「一度も受けたことがない」と答えた。  対して1000万円以上では、実に86%が1年に一回以上は健康診断を受けている。 年収×健康 残酷な格差 この結果に対して、「年収300万円以下だと非正規で働く人も多いはずで、就業環境が大きく影響しているのではないか」と分析するのは、健康格差について長年研究を続ける千葉大学教授の近藤克則氏だ。 「きちんとした健康診断を受けようとなると半日がかりだし、そもそも多くの検査をするには費用がかかります。正社員で会社からサポートされて受けるならまだしも、非正規の人の場合、実費負担だと数万円はするのでハードルが高い。5人に1人が未受診なのは、氷河期世代などで社会に出てからずっと非正規雇用が続き、健康診断を受けられる環境になかった可能性が考えられます」
次のページ
お金がネックで病院にいかない?
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠