ニュース

「電気が止まった」世帯年収300万円で貯金もない生活。わずかな値上げで家計崩壊も

 新型コロナでより深刻度が増した貧困問題、それに追い打ちをかけるインフレの嵐――。ただでさえ厳しい暮らしを強いられている低所得者層の生活が今、インフレによって脅かされている!

苦しむ低所得者層。インフレ貧困の現状とは?

インフレ直撃![低所得層]の苦境

※写真はイメージです

 日本全土に吹き荒れるインフレの嵐。相次ぐ値上げラッシュは、これまで安泰だと思われていた人たちをも貧困に陥れようとしている。  生活困窮者支援に取り組むNPO「ほっとプラス」理事で社会福祉士の藤田孝典氏は、貧困の最新事情についてこう話す。 「2年前のコロナ前と比べると、今は3倍近い相談件数が寄せられています。中小零細企業に正社員で勤める世帯年収300万円台の人たちからも、家賃や水道光熱費などの支払いで精いっぱいという相談が目立ちますね」

炊き出しに世帯年収300万円台の人たちも

 また、インフレによる社会不安が中間所得層まで及んだ結果、支援現場の様相も変わってきていると、藤田氏は指摘する。 「かつてはホームレスや生活保護受給者が大半を占めていた炊き出しに、現在は世帯年収300万円台の人たちも並ぶようになりました。彼・彼女たちから話を聞くと、炊き出しで得た物資で生活用品や食料などの生活費を節約しているようです。  さらに、子どもの教育費を削り、外食・娯楽を控えるなど、すでに水準を下げた生活を送っている。もはや、彼らは中間所得層と言えるのか……。このままでは、多くの世帯が文化的な生活から遠のいてしまうのではないでしょうか」  ’22年3月3日に経済財政諮問会議へ提出された「我が国の所得・就業構造について」(内閣府)によれば、社会保障や税など、所得格差を埋める所得再分配を加味すると、全世帯の年間所得の中央値は、’94年の509万円から’19年は374万円と、この25年で27%も下がっている。  貧困予備軍ともいえる年収300万円台は、今や日本のボリュームゾーンとなっているのだ。
次のページ
わずかな値上げで家計が崩壊
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ