デジタル

18世紀カリブ海の世界から戻ってこられなくなる【アサシン クリード4 ブラックフラッグ】

乙女ゲーマー・編集まいまいの[絶対夢中☆ゲーム]週報


【アサシン クリード4 ブラックフラッグ】

PS3、Xbox 360、Wii U/ユービーアイソフト/7700円/発売中

アサシン クリード4 ブラックフラッグ◆18世紀のカリブ海の世界にどっぷり浸かるべし!

 アサシン(暗殺者)としての任務を果たしていくステルスゲームの最新作。高い場所から軽やかに着地したり、壁を登ったり、人間の身体能力を超えたアクションが実現できるため、ハマる人続出と言われるほど。毎度、さまざまな歴史的舞台がテーマですが、今回は18世紀のカリブ海にて。船上、ジャングル、とにかく美しいです!

アサシン クリード4 ブラックフラッグ 今作の主人公は、エドワード・ケンウェイ。これがイケメンだとファンは歓喜……しているとか。カリブ海で自由に海賊生活を送っていたケンウェイはアサシン教団との出会いで、自らも暗殺者として冒険していくことに。使用武器は、長剣二刀流、四挺のピストル、吹き矢など、狙ったターゲットをさまざまな手法で次々と始末していきます。今作『アサシンクリード4』のテーマは、“それぞれの自由”。暗殺者、海賊たち、テンプル騎士団が、それぞれの自由や欲望を求めて闘っています。海賊黄金期であった闘いの絵は、何度も言いますが芸術レベルです。そこまでのんきな話ではないけど。

 ちなみに、これまでの作品で独立していた海戦は、今作ではオープンワールドとしてひとつの世界に組み込まれ、陸上でのアクションから海戦へとシームレスに繋がります。闘いが進化しただけではなく、宝探しや18世紀ボードゲームなど、当時の遊びが満載なのも嬉しいオマケ。いやはや、これはゲームから戻ってこられなくなるのも納得です。

アサシン クリード4 ブラックフラッグ【アサシン クリード4 ブラックフラッグ】
大航海時代の終わり、18世紀のカリブ海が舞台。植民地支配をもくろむ大国、新天地を求めたテンプル騎士団とアサシン教団、カリブの海賊たちがしのぎを削っている世界。カネ、力、仲間、船、自由……その欲望を元に闘う主人公。当時の世界観を満喫せよ!

(C)2013 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin’s Creed, Ubisoft, Ubi.com, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

ハッシュタグ




おすすめ記事