ニュース

近い将来、スーパー台風が日本を頻繁に襲う

 集中豪雨や巨大台風、異常な暑さや寒さ……毎年のように起きる異常気象は、地球温暖化の進行によるものだったとの見方が強まっている。

スーパー台風 では、気象災害は今後さらに事態は悪化していくのだろうか。鬼頭昭雄筑波大学生命環境系主幹研究員は「日本の気象庁での定義では、『異常気象』とは30年に1回起きる極端な気象現象のことですが、温暖化の進行により、これまで数十年に1回だったものが、10年に1回というような頻度で起きるようになる」と語る。

「日本の場合、大雨が増えています。1日に200mmを超える大雨はこの100年間で33%増加、100mmを超える雨も21%増加しました。アメダスが導入されてから現在までの40年間のデータでも、1時間の降水量が80mm以上の強い雨が有意に増加しています。実際、災害を引き起こす豪雨は毎年のように起きており、特に‘11年8月、奈良県上北山村上北山では、総降水量が年間降水量平年値の6割に達する強い雨が降りました。大雨により、地すべりや山崩れのリスクも高まります。山の表土が崩れる表層崩壊は、今後、日本のほとんどの地域で10~20%増加し、より深い部分から山が崩れる深層崩壊は、東海以西と東北で10~30%増加するという研究もあります」

 だが、なぜ温暖化が進むと大雨や台風が増えるのだろうか。

「気温が1度上がると7%水蒸気が増えます。大気中の水蒸気が増えることが、大雨の原因であり、台風を生むエネルギー源となります。名古屋大学などのチームは、このまま温暖化が進行すれば、今世紀後半には、風速65mを超える、いわゆる『スーパー台風』がいくつも来るようになると予測しています」

 この予測では、台風の最大風速は地上で80mにも達するという。一般住宅が破壊され、車も横転するほどの暴風である。鬼頭研究員は「人間が温室効果ガス排出を減らさないと、今よりも、もっと大変なことになるでしょう」と警告している。

 温暖化対策は本当に待ったなしなのだ。 <取材・文/志葉 玲>

※10/28発売の週刊SPA!では「地球温暖化で人類滅亡が始まっていた!」という特集を掲載中

週刊SPA!11/4・11合併号(10/28発売)

表紙の人/モーニング娘。’14

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事