ニュース

中国マフィアの「金密輸」が活発化。消費税8%がすべて利ざやに

中国マフィアの「金密輸」が活発化。消費税8%分がすべて利ざやに 昨年、小笠原諸島沖に多数出没した中国からの赤サンゴ密漁船も、海上保安庁が本格的に摘発に乗りだしたことから激減した。ところが、新たな“ならず者”たちが日本の海に忍び寄っている。中国裏社会とパイプを持つ人物が明かす。

「消費増税後、活発になっているのが、中国マフィアによる香港からの金の密輸。消費税のない香港で購入した金地金を日本に持ち込み、国内銀行で売却して消費税の8%を受け取る」

 正規の税関手続きでは1kg以上の金地金の持ち込みには8%の消費税が課されるが、密輸で持ち込めばこれがかからないのだ。

 こうした金密輸の舞台となっているのが日本海だという。

「船で日本の領海近くまで金を運び、日本籍の船に積み替えて持ち込む。金地金相場は1kg450万円ほどなので、100kg運べば3600万円も儲かる」

 国庫に入るべき消費税を掠め取るとは密漁以上に大胆不敵だ!

※1/6発売の週刊SPA!では、「新春ワイド 2015年はヤバい一年になる!」という特集を掲載中

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!1/13・20合併号(1/6発売)

表紙の人/大島優子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事