「人格を作り変える」ブラック企業の新人研修

新人研修

簡単には辞めることも許されない

 毎年、大勢の新人が入ってきては、辞めていく。

 先物取引、金やプラチナなどの貴金属のペーパー商法、マンション投資など、リテール系金融業界はいつの時代でも人の出入りが激しく、社員を使い捨てることが常態となっている会社をしばしば見かける。

 だが、実際は5年、新人は辞めることを簡単には許されない。

「人を採用するにも、採用してから後も、カネはかかるでしょう。研修ひとつとってもカネがかかる。その分、もとを取ってからでないと。辞める権利が出来るのは」

 こう語るのは、マンション投資会社社長・岩本宏太郎氏(仮名・50歳)だ。

 新人が5年は辞めることを許されないのには理由がある。

「新人の指導係には、入社5年目から7・8年目の中間管理職候補を充てる。で、自分が受け持っている新人1人辞めれば、これは指導係の責任として人事評価に響く。だから彼らは、多少の無茶も厭わず、辞めたいという新人の引きとめにかかるというわけ」

 しかし、この新人研修、並みの根性ではとても耐えられない過酷なものだ。

 あらかじめ4つにグループ分けされた新人たちは、金融マンとしてのキホンのキである電話営業、テレアポを実地訓練を兼ねて行う。このアポの数を4グループで競う。

「1位なら、夕飯を摂り、風呂に入る権利を与える。最下位の4位は夕飯も風呂もなし。結果出してないのだから、何もなし、だ。2位は夕飯は食える。3位も夕飯は食える。でも4位のグループがペナルティとして食えなかった夕飯も残さず平らげてもらう」

 こうした研修で、この前までごく普通の学生だった新人は、色恋営業、枕営業までも平気で行う、上司の意のままに動く“兵隊”へと化す。

 労働問題に詳しい、ジャーナリストの秋山謙一郎氏が語る。

「日々、競争を強いて、ペナルティの恐怖に晒す。これらはすべて新興宗教が信者を洗脳する時の手口と同じ。ブラック度高い企業ほど、こうした手法を用いて新人を人格面から作り変えていきます。人を疑うことを知らない真面目な人ほどハマってしまう」

 今年3月に秋山氏が上梓した『ブラック企業経営者の本音』では、これまで見落とされがちだった経営サイドの思惑、従業員を型に嵌める戦慄の手口が、詳らかに描かれている。

 今、勤めている企業がもしかしたらブラック企業ではないかと悩む人、間違ってブラック企業に勤めてしまった人に、是非、手に取って貰いたい一冊だ。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

ブラック企業経営者の本音

経営者サイドが明かした怖すぎる本音!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中