R-30

【メタボ防止】飲み会で唐揚げにはレモンを

忘年会、新年会と宴会が立て込み、一年で一番太りやすいシーズンがやってきた。ダイエットなんてチマチマしたことを気にせず、気持ちよく飲んで食べて、それでも太らない方法はないものか? 専門家に聞いてみた。

「食べかたや飲み方を工夫することで、十分メタボに対抗できますよ」というのは、ダイエットカウンセラーの伊達友美氏。例えば宴会料理の定番、唐揚げもレモン効果でヘルシーに食べることができるという。

「揚げ物の問題点は酸化しすぎたよくない油を大量に取ってしまうこと。それがコレステロールの上昇や体脂肪を増やす原因に。レモンをかけるとクエン酸の働きで参加した油を中和してくれます。ビタミンCや酵素も取れるので、消化や代謝を促進し、体脂肪が蓄積されにくくなるんです」

同様にお酒も飲み方にちょっと気を配ることで、メタボ予防になるんだとか。「サワーを飲むなら生グレープフルーツサワーがおすすめ。生というのが重要で、生の果物から酵素を補給することで、消化の助けになります」。グレープフルーツに限らず、生の果物を使用しているなら他のサワーでも構わない。居酒屋をフルーツを食べる貴重な機会と考えるといいそうだ。

SPA!12/6発売号「年末年始 酒を飲んでも太らない裏技」では、このほかにも飲み会で気を付けたい食べ方、飲み方の工夫を紹介している。飲んで太る前に、ぜひともご一読いただきたい。

飲んでも太らないイラスト/スズキサトル 文/週刊SPA!編集部

週刊SPA!12/13号(12/6発売)
表紙の人/南明奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事