R-30

【社内ニート】職場で仕事のないサラリーマンが465万人もいる!

内閣府の最新の調査によると、昨年9月の時点で全雇用者の8.5%、465万人ものサラリーマンが会社に行っても仕事がない、社内ニート状態にあるそうだ。これはいわゆる「窓際族」だけを指すのではなく、最近は若手社員にも増えている現象だという。

社内ニート「若い社内ニートが増えた原因のひとつとして、企業に社員を育てる余裕がなくなったことがあげられます」というのは、人材コンサルタントの常見陽平氏。「以前は、入社した社員には一から十まで仕事を教えるのが基本でした。しかし、近年は採用しても育てるまでの時間も余裕もない。即戦力採用、OJTなどと言えば聞こえがいいですが、仕事をひとりで覚えられる人以外にとっては実質的には放置でしかなく、結果、いつまでも仕事をもらえないというケースも多いようです」

 実際、我々の取材でも「勤めて10年になりますが、任される仕事は雑用やデータ入力など簡単な作業ばかり。上司からは『教える手間が面倒くさい』と言われ、仕事がまわってこないんです。おかげで、数時間で終わってしまうような作業を無理やり引き伸ばして一日の仕事にしている状況」(32歳・経理)という声が聞かれた。

 時流に置いていかれつつある年配の社員ならともかく、会社の将来を担うべき若者ですら社内ニートに甘んじるしかない時代が来ているのだ。この恐るべき社内ニートの現状はSPA!3/13発売号『社内ニートの驚処世術』で詳しく報告されている。自分の職場で社内ニートが生まれていないかどうか、これを機に見直してみるのはどうだろう。 <文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!3/20号(3/13発売)

表紙の人/川口春奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事