お金

100万円を1000万円に。賢人に聞く「10倍株の見つけ方」

株式投資をする者なら、誰もが憧れるテンバガー。コロナバブル最終局面の今こそ、テンバガーを手にするラストチャンスかもしれない。そこで、SPA!は4人の賢人たちに徹底取材。その秘訣をつまびらかにしていきたい。

コロナバブルの今はテンバガー狙いの好機?

株式投資

写真はイメージです

 投資家の夢であるテンバガー(10倍株)を狙うには、まず上昇相場とテーマ性に着目する必要がある。  かつてアベノミクスとスマホゲームのブームが重なったガンホー株は100倍へ暴騰、昨年にはコロナバブルとサブスクが重なったネットフリックスが10年で50倍と驚異的な成長を見せた。  コロナバブルただ中の今はテンバガー狙いの好機と言えまいか。 「米国株は米利上げのシグナルが点灯し『終わるべき相場』が延命された状態。このまま上がり続ける可能性も否定できませんが、その可能性は日本株のほうがより強い。  というのも『日経平均30年ぶりの高値』と騒がれていますが、史上最高値を更新できておらず、グローバルな視点から見ると出遅れ感があるためです。たとえ米国株が崩れても伸びる可能性があります」(アナリストの中沢隆太氏)

数年後、どれかは花を咲かせてくれる?

 日本も世界の主要市場並みに史上最高値を更新するなら「日経平均4万円」が見えてくるし、テンバガー続出の期待も高まる。  10年間で60社のテンバガーを獲得し、「テンバガーハンター」の異名を持つ愛鷹氏もこう期待する。 「増収増益が期待できるテンバガー候補の銘柄を多数仕込んでおけば数年後、どれかは花を咲かせてくれるはず」
次のページ
4人の猛者が明かすテンバガーの秘訣
1
2
週刊SPA!8/3号(7/27発売)

表紙の人/ 郷ひろみ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事