仕事

コロナ禍でクレーム対応に忙殺される区職員、「ほぼサービス残業」の絶望

 終わりの見えないコロナ禍で労働環境の悪化も進行している。過酷な労働環境、削減を余儀なくされる賃金……苦闘を続ける労働者たちの本音と懐事情に迫った。

残業は月120時間。この金額じゃやってられない!

▼都内区役所職員 年収450万円(30歳・一般職員)
区役所

対応の遅さを責めるクレームへの応対もしばしば。「切実なのはわかりますが……こっちもいっぱいいっぱいです」

 コロナ関連の給付金受給にワクチン接種の予約、さらにはマイナンバーカードの発行……。どれもこれも「数か月待ち」ばかりで、対応の遅さが批判を受けがちな自治体の役所。その内部でも不平不満が渦巻いているようだ。都内の区役所で働く秋元紀男さん(仮名・30歳)はこう語る。 「年収は450万円。臨時の業務は増える一方ですが、こんなご時世でも個人情報保護の観点からテレワークや持ち帰り作業ができず、残業はかつてないほどの時間に。ひどい時は月120時間を超えることも。しかも残業代は事前に予算が組まれているから、かなり付けづらい。サービス残業も多いので、正直このお給料じゃやってられないです」

増え続ける業務とわずかな昇給

 昇給は年7000円で固定。今後10年真面目に働いたとしても、月の手取りは10万円も上がらないことが目に見えている。 「安定していると言えば聞こえはいいですが、定年で辞めていく人数に対し、新卒で入ってくる正職員の人数が明らかに減っているので、この先は業務量が年々増えていくことが間違いない状況。非常勤職員も増えており、公務員とはいえ着実に不景気の煽りを受けている感覚があります。そのうえ、業務体制が古くさいんですよ。システムで改善したほうがいいことも、稟議が通るまでに数年かかるのがザラ。世間とのIT格差は広がるばかり。年々、長く続ける自信がなくなっています……」  イレギュラーな状況が続くこのご時世、一般企業も公務員も、もはや内情は変わらない。
次のページ
年収150万円減の居酒屋店長が抱える苦難
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事