お金

コロナ禍で需要激減のタクシー業界、それでも「勝ち組」出現の意外なワケ

 未曾有のパンデミックは我々の稼ぎにどのような影響を与えたのか。気になる最新の収入事情を追った!

人流激減で売り上げガタ落ちも工夫次第で勝ち組運転手も…

▼タクシー運転手 年収400万〜500万円(58歳・個人タクシー&40歳・正社員)
タクシー運転手

※写真はイメージです(以下同)

 テレワーク推奨で人流が減り、売り上げ減を嘆くタクシー業界。今回、2人の運転手に話を聞いたが、その声は対照的だ。「今でもそこらへんのサラリーマン程度には稼げてますよ」と明るく話すのは加藤正之さん(仮名・40歳)だ。 「各企業が社員にタクシー帰宅を認める時間のデータを数百社分持っている。いくつかの企業や官公庁はいまだに残業が多いし、コロナ禍で深夜のタクシー台数が2割ほど減っているので、残業帰りの客に狙いを絞れば意外と拾えます。加えて、人流アプリと配車アプリを見比べて、人が多くてタクシーが少ない場所を探すことも重要。これは高齢ドライバーにはできない技です」  今年の年収は給与と賞与を合わせて500万円を超える見込みだという。

収入は前年比マイナス53%という苦境

 一方、「コロナ流行以前の半分以下が続いている」と嘆くのは運転手歴31年の個人タクシーのドライバー、吉田貴司さん(仮名・58歳)だ。 「昨年の年収は400万円。常連だった会社役員や夜のお姉さんからの迎車の依頼が激減。あと、同じくらい大きな割合を占めていた外国人観光客もいなくなり、一昨年の850万円からマイナス53%の大幅ダウンです」  それでも今年に入ってからは売り上げもやや回復。ただし、コロナ前の水準には程遠い。 「老後資金をまったく貯められないですし、このままだと70歳過ぎても引退できなさそうです」  需要が元通りに回復する日は来るのだろうか……。
次のページ
サラリーマンの給与水準に“上がり目”はあるのか?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事