恋愛・結婚

“練馬のハッピービッチ”鎌沢朋佳、コロナによって“○○マン”に変貌していた!

 “練馬のハッピービッチ”の異名を持つグラビアアイドルの鎌沢朋佳さん。22歳にして経験人数は1000人超え。かつては“池袋キャッチアンドリリース”と称してナンパを繰り返し、一日に何人とSEXできるかを友人と競い合うなど自他共に認めるSEXフル女子だったが……コロナによって性活は大きく変貌した。今回はSEXフル女子にコロナが与えた影響を紹介する。

ハッピービッチがコロナの影響でなんと…!

SEXフル女子

「もう一生分ヤったってことなのかな」
鎌沢朋佳さん 22歳/グラビアアイドル 経験人数1000人

続きを読むには会員登録(無料)orログインをしてください。 ※ログイン後も下記のボタンは表示されます

新規会員登録はこちらから>>>

今の私は“ヤリマン”じゃなくて“働きマン”。以前はキャバクラでそこそこ稼げていましたが、コロナで営業自粛、再開してもお客さんが減って結構ヤバくなってきちゃって。だから今は歌舞伎町のバーで働いています。ありがたいことにグラドルとしてのお仕事も結構いただけていて、昼はグラドルの仕事、夜はバー勤務という生活で睡眠時間が2~3時間という日もザラ。だから、ヤる時間があったらちょっとでも寝たいというのが正直なところかな(笑)」

コロナで○○をしてくる男が激増

 SEXにひたすらストイックだったハッピービッチだが、今は持ち前のストイックさを仕事に全振り。我々としては少々寂しい気もするが……仕事一色の生活で「性欲も湧かなくなってきた」とか。 「我ながら不安も感じてます(笑)。もう一生分ヤったってことなのかな。以前はTwitterで『会ってくれ』というDMが頻繁に来ていたので相手を選び放題だったんですが、そんなお誘いがコロナで激減した影響もあるかも。その代わり『会いたい』などとひと言も言わずに男性器の写真を送りつけてくる輩が激増。そんなメッセージが来るたびに『みんな自粛続きでムラムラしてるんだろうな~』って“時代”を感じてました(笑)」  送りつけられる男性器の本数でコロナの影響を感じていたとは、さすがのひと言(?)。いつか性欲が復活する日を、勝手ながら楽しみにしております!
SEXフル女子

グラドルとバーの仕事がビッチリ。「今は彼氏もいないのでマジでご無沙汰。せっかく取材してもらったのにつまんねぇ性活送っててすみません!」と朋佳さん

SEXフル女子の主張 働きマンに変貌。SEXする暇があれば少しでも寝たい! <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事