恋愛・結婚

不倫する女性37歳、ラブホの休憩3時間では満足できず。密会する場所とは…

―[不倫人妻の現場]―
不倫の快楽に溺れる人妻たちを事情聴取。彼女たちはなぜ、危ない橋を渡ってまで嬉々として不倫を続けるのか。夫には絶対に見せられないあられもない実態を追った!
不倫人妻の現場

※写真はイメージです(以下同)

●奥村綾音さん(仮名・37歳) 3歳の子供がいる結婚7年目で夫とは長年のレス。「中でイク感覚を教えてくれたのも今の不倫相手でした」

ラブホの休憩時間では満足できない…

 地方の食品メーカーで働く奥村綾音さん(仮名・37歳)は、昨年春から5歳上の自営業の男性と不倫中。暇つぶしで始めたスマホゲームを通じて知り合い、現在は彼が密会専用に借りた安アパートで週1回の逢瀬を楽しんでいる。 「ラブホの休憩で3時間って短いじゃないですか。旦那は淡泊だし、求めてくることも少ないから性欲強めの彼と会う時は3~4回戦は当たり前。土日も稼働する工場勤務なので休日出勤と偽ってもバレないし、それこそ部屋で一緒にいる日は朝から夕方までほぼ裸です(笑)」

家賃は安いが…

 地方で単身者用のため、アパートの家賃は3万5000円と安い。  ただし、アパートは壁が薄いらしく、隣の家からテレビの音が聞こえてくることも。そのため、行為中の嬌声が隣人たちに聞こえている可能性もあるが、彼女にとっては逆にそれが興奮するという。
次のページ
初めて〇〇を…
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ