恋愛・結婚

子持ちの32歳女性、専業主婦のへそくりで不倫する“ラブホがわり”の場所とは?

―[不倫人妻の現場]―
不倫の快楽に溺れる人妻たちを事情聴取。彼女たちはなぜ、危ない橋を渡ってまで嬉々として不倫を続けるのか。夫には絶対に見せられないあられもない実態を追った!

写真はイメージです

●佐藤久美さん(仮名・32歳) 小学校三年生の子どもがいる。10歳年上の夫と結婚10年目。夫婦仲は良好だが、久美さんが妊娠してからずっとレスのため、寂しくて不倫するように。

夫とのレスに耐えきれず

「私、夫と子どものことは大好きなんです。でも、夫と長年レスなのが、あまりにもつらくて」  そう切り出したのは、閑静な住宅街に夫と小学生の子どもと暮らす専業主婦の佐藤久美さん(仮名・32歳)。  結婚も妊娠も早かったうえに、夫はもともと性欲が薄く、久美さんが妊娠してからずっとレスなのだという。 「夫は年上ですしね。幸い、夫婦関係自体は良好ですが、ずっとレスというのはさすがに厳しいものがあって……。だから、子どもが小学校三年生になり、生活が落ち着いてきたので、TwitterをはじめとしたSNSで遊び相手を探すようになったんです」

不倫妻にとっての“人妻”というブランド

 言い方は悪いが、久美さんの見た目はかなり地味な印象だ。それでも相手は見つかるものなのだろうか。 「私、確かに、昔からまるでモテなかったんです。結婚できたのは奇跡、っていうレベルで(笑)。でも、人妻っていうブランドがあれば別なんですよね。人妻だとプロフィールに掲載しているだけで、いろいろな男性が言い寄ってくるんです」  Twitterの場合、親しくなれそうな相手とはDMでやり取りをし、そのうちLINEを交換して、数回通話。そして、実際に会うのだそうだ。 「私がこんな見た目だから、相手もモテない感じだと思うじゃないですか。意外に、相手は結構イケメンの年下の男性ばかりなんですよ。ジャニーズ系とか、ざらにいます。遊び相手にわざわざブサメンとか、おじさんとかを選びたくないので(笑)」
次のページ
カラオケで“行為”に励むことも
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ