雑学

春香クリスティーンお手製「政治家カルタ」の笑える中身

春香クリスティーン

春香クリスティーンさんのブログ

 人気上昇中のハーフタレント、春香クリスティーンさんの趣味が「国会議員のおっかけ」だというのは有名な話。スイス生まれで才色兼備の彼女は、暇さえあれば永田町に通い、顔見知りになった議員も多いという。最近は、バラエティ番組のみならず、報道番組や新聞で見かけることも急増している。

 春香さんが自作した「政治家カルタ」も、その筋では有名だ。今回週刊SPA!では春香さんに取材し、カルタの現物を見せてもらった。政治家の顔写真の札と読み札があって、読み札は各政治家の特徴を、「大島」なら「お」から始まるフレーズで書いてある。さすが政治オタクだけあって、春香さんが考えたフレーズがなかなか笑えるのだ。以下、いくつか紹介しよう。このフレーズの意味が全部わかれば、あなたも結構な政治オタクだ。

大島理森氏。似てる?

1:「(お) およしなさい ねこバスと呼ぶのは/大島理森

 大島理森氏は自民党の元幹事長・前副総裁という大物。「大島さんは『となりのトトロ』のネコバスに似ていると言われていて、送られてきたぬいぐるみを部屋に飾っていたことがあるんですよ」(春香さん)。ネコバス? 似てるような似てないような……。

2:「(ま) まず立ち寄る コメダ珈琲/松田公太

 タリーズじゃないのかよ! 松田公太氏はタリーズ社長から国会議員になったのだが、確かに本人ブログで「講演の帰り道など、見つけるとついつい寄ってしまうのがコメダ珈琲」(2012.2.17)と書いている。

下地幹夫氏

下地幹夫氏

3:「(し) しんじている オレンジ色は強運/下地幹夫

 第3次野田政権では特命大臣にもなった下地氏だが、名前を画像検索してみてほしい。もう、ネクタイがほとんどオレンジ色。ポロシャツもオレンジ色。トレードマークは「オレンジクジラ」。強運だと信じたのに、2012年の衆院選で落選してしまった。

ねじれ起こし

ねじれ起こし。雷おこしのねじれたようなやつ

4:「(こ) ことしの花見は『ねじれ国会』を配る/輿石東

 民主党の前幹事長で日教組のドン、輿石東氏。2012年4月、輿石氏は「花見の会」を主催したのだが、目的は小沢一郎氏を懐柔して離党を思い留まらせることだった。この会で輿石氏は、国会内の土産物屋で売られている「ねじれ起こし」を配って、「結束してねじれ国会を乗り切ろう」と呼びかけた。このエピソードにちなんだフレーズだと思われる。見た感じドクロの輿石氏が笑いを取りにくると逆に怖い。

5:「(お) おばちゃん子/岡田克也

「岡田さんは常に真面目なのに、カエルの置物収集が趣味なんですよね」と春香さん。「おばちゃん子」の意味は聞き損ねたが、岡田氏が学生時代に世話になった「下宿のおばさん」を慕っていたからなのか、それともイオンのパートのおばちゃんを選挙運動に駆り出しているという噂のせいなのか。

 春香さんに取材に行ったのは、週刊SPA!1/15発売号「タダの人になった元国会議員のその後」という特集内。先の衆院選で落選した民主党・田中美絵子氏、無所属・横粂勝仁氏、出馬しなかった民主党・長島一由氏らにも、直撃取材している。みなさん、これからどうするのでしょうか? こう大量に議員が入れ替わると、カルタ作りもキリがあるまい。

政治家カルタ

政治家カルタ

<文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!1/22号(1/15発売)

表紙の人/真木よう子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事