ニュース

男が選ぶ「嫌いな政治家」は小沢一郎、鳩山由紀夫、安倍晋三【第22回】

 週刊SPA!1/8発売号では、30~45歳の男性500人を対象にアンケートを実施。「男が選ぶ[好きな男/嫌いな男]2013」を発表している。中でも、衆議院選挙直後に急きょ敢行した「好きな政治家」「嫌いな政治家」ランキングでは、好きな政治家として小泉純一郎、石破茂がワンツーを決めている。

 しかし、読者が実際にもっとも政治に期待するのは「景気を立て直してくれるかどうか」だろう。好きな政治家上位に入った政治家と、景気を立て直してくれそうな政策を掲げている政治家は重なっているのだろうか? 日本経済のポテンシャルの高さについて語った近著『なぜ日本経済は世界最強と言われるのか』が10万部を突破、「安倍政権の掲げる極端な金融緩和政策は経済格差を助長するだけで景気回復には繋がらない」と主張する経済コラムニストのぐっちー氏に話を聞いた。

ぐっちー氏

ぐっちー氏

「まだ総理経験のない石破に期待を寄せるのはまだしも、あれだけの格差社会を生み出した小泉を支持するとは……。有権者は自分で自分の首を絞めているようにしか見えません。消費税率引き上げ反対、TPP参加反対と、嫌いな政治家1位の小沢一郎のほうがよっぽど庶民に優しい経済政策を掲げているんだから、皮肉としか言いようがない」

 では、ぐっちーさんが選ぶ「本当に日本の景気を立て直してくれそうな政治家」とは?

「まずは消費税率引き上げが何でダメなのか、低所得層がどれだけ損をするかを丁寧に説明している、みんなの党の江田憲司。そして、所得格差是正を重視する長妻昭。自民党なら、非正規雇用者に優しい雇用ルールの必要を訴える河野太郎。この3人の名前がまったく挙がってこないのが不思議でなりません。いまは亡き中川昭一だって、政策には明るいと定評があったのに、例の泥酔事件以降は、完全にただの酔っぱらいのイメージ。マスコミのつくるイメージに踊らされるのではなく、地味でも庶民に寄り添った経済政策を掲げている政治家のことをちゃんと知っておかないとダメですよ!」

★好きな政治家の男
1位 小泉純一郎 
2位 石破茂 
3位 橋下徹 
4位 小泉進次郎 
5位 安倍晋三 

★嫌いな政治家の男
1位 小沢一郎 
2位 鳩山由紀夫 
3位 安倍晋三 
4位 石原慎太郎 
5位 菅直人 

★ぐっちーさんが選ぶ
日本経済を立て直してくれそうな政治家

1位 江田憲司
2位 長妻昭
3位 河野太郎

<取材・文/日刊SPA!取材班>

週刊SPA!1/15号(1/8発売)

表紙の人/島崎遥香

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
なぜ日本経済は世界最強と言われるのか

本当はすごい日本経済




おすすめ記事