エンタメ

SKE48向田茉夏「世界が平和になるは、言い過ぎです(笑)」【公演インタビュー】

向田茉夏,SKE48

向田茉夏(17)

 10/9(水)に劇場公演スタジオレコーディングCDが発売! そのタイミングに合わせ公演についてのインタビューを向田茉夏に敢行。当時の思い出や今のチームへの思いを語ってもらった。(インタビューはナドヤドーム・オリジナル新公演日程発表前に収録)

――早速ですが、10月にチームKII 1st「会いたかった」公演のCDが発売されます。最初にステージで披露した公演ですが、当時の思い出とかあります?

向田:最初のことはあまり覚えてないんです。私、人見知りだし人前に出ることがとにかく苦手で、なにがデキるデキないとかの問題ではなかった。どうしようって、ずっと緊張していたので、時間が風のように過ぎ去っていった記憶があります。

――頭真っ白で公演をしていたんですね。

向田:レッスンが厳しくてそっちの思い出のほうが多いかも。私は「嘆きのフィギュア」という曲をやっていたのですが、ほんと振りが難しくて一緒にやる4人で苦戦してました。力のかけ方が難しくてみんな“フィギュアっぽく”を意識するけど、“ロボットっぽく”なっちゃって、「この曲はロボットダンスじゃない」って厳しく言われましたね。

⇒【画像】向田茉夏、その他の写真はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=522420


――月日は経ちましたが人見知りは直りました?

向田:直ってきましたよ。最初は初対面の人とは話せなかったんですけど、50%くらい心を開いて話せるようになりました。残り50%は打ち解けるまでの期間なんですけど、メンバーでも3カ月はかかるんです。でも、仲良くしようって狙ってこられすぎると「う~ん」って構えちゃうので、自然な流れじゃないとなかなか……。あと気まぐれなんですよ。

――なかなか手強いですね。最近チームもシャッフルがあったから、大変なのでは?

向田:チームKIIからSになったんですが、仲良しのメンバーが多かったので良かったです。楽屋とか、斉藤真木子ちゃんとか阿比留李帆ちゃんとかとわいわいうるさくしてますよ。でも、私よりうるさい人やキャラが濃い人が多いから目立たないんだと思います。公演中のMCでも、声を発してもまったく聞こえてなくて、そこからは「まあ、ここはしゃべらなくていいか」って思うようになりました。「みんなで話してていいよ」って(笑)。

――ラフな感じですね(笑)。チームSの『RESET』公演には慣れましたか?

向田:前にやっていた『ラムネの飲み方』は基本明るい曲が多くて、おとなしめの曲は2曲くらいだったんです。私、実は割と暗い曲が好きなのでやりがいはありますよね。ラムネは明るい曲が多すぎて、一つ一つの表現をどう変えればいいのかわからなくて難しかった。基本が明るいから表現の仕方とかも難しい。でも、RESETは1曲1曲がはっきりしてるからやりやすさもある。「毒蜘蛛」からの「オケラ」が一番難しくてレッスンでもそこを徹底的にやったけど、全体的に曲ごとの表現が明確で楽しいですね。いろんな私が出てると思いますよ。

――いろんな一面といえばユニットですが「逆転王子様」は好評ですね。

向田:そうなんですか。3人ともマイペースなので合わせようとかはあんまりなくて、とにかく“可愛く”って思ってるんです。でも評判がいいなら嬉しいです。

向田茉夏,SKE48

今話題の「逆転王子様」。後藤理沙子(左)と新土居沙也加(右)と3人組のユニットだ。

――「世界が平和になる」って言っている人もいるみたいですよ。

向田:それは言い過ぎだ、ははは(笑)。でもそう言ってもらえるのは嬉しいです。

――最後に公演で苦手なポイントとかあればそれも教えてください。

向田:歌は嫌ですね。すごく通らないので自分の声が好きじゃなくて。「青空片想い」のときに「たおることもなく」をゆっこ(木下有希子)と歌ってるんですけど、私の声が全然聞こえないんですよ。もうゆっちゃんのソロ(笑)。最初聞いたときビックリでした。私、こんなに声通んないんだって、笑っちゃいました。2人・3人だともう駄目ですね。1人なら大丈夫なんですけどね。

 取材後には次の新公演が12月1日から始まると発表があった。そこではソロ曲やソロパートが増えることを祈って、限られた『RESET』公演を頑張っていって欲しい。 <取材・文/ヤスオ 写真提供/AKS>

●【SPA!】SKE48謎解きParts https://plus.google.com/+spa_ske48/posts

会いたかった

向田茉夏の「嘆きのフィギュア」も収録!




おすすめ記事