R-30

ノートPCは鎖で固定!? コンプラに疲弊する現場の叫び

 一般的には「法令遵守」と訳されることの多い「コンプライアンス」。最近ではみずほ銀行の暴力団員への融資が大きく取り沙汰されているが、厳しくなるルールに現場は四苦八苦しているようで……。

職場,コンプライアンス,情報漏えい,ルール 特に厳しいのが情報漏えいに関する社内の取り決め。

「個人情報流出を防ぐため、フード付きの服とブーツ禁止」(33歳・女性・オペレーター)という会社もあるそうだが、

「ノートパソコンは鎖で机に繋げられ、鎖を外すカギの入ったキーボックスを開けるためには上司の社員証が必要」(30歳・女性・研究職)

 となると、果たしてノートパソコンである意味があるのか、まったくわからなくなってしまう。

「添付ファイルがあるメールを送る際は、隣の席の人にファイルを開いて確認してもらう。間違い防止とはいえ、超面倒」(29歳・女性・広告)

「『○日までに、○○さんへ連絡!』といったクライアントの名前も個人情報だとのことで、デスクトップに付箋を貼ることも禁止されました」(33歳・女性・IT)

「離席のたびにパソコンはロック。お昼と退社時にメモはシュレッダー。ケータイはロッカーに。一度うっかりケータイを席に持ちこんだら、『次はレッドカード』との警告を受けました」(35歳・男性・通信)

 ルールを破れば制裁が待っているわけだが、「引き出しの施錠がされているか退社後に抜き打ちチェック。3回忘れたら引き出しが没収される」(32歳・男性・金融)となると訳がわからない。重要書類はどこに保管すればいいんだ!?

 いやはや、なんとも厳しいルールばかり。

 10/22発売号の週刊SPA!「今日も職場はコンプライアンスに大忙し!」特集では、このほかにも本末転倒ともいえる職場模様を紹介している。あなたの会社では、これらは「当たり前」のことだろうか? <取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/佐藤ワカナ>

週刊SPA!10/29号(10/22発売)

表紙の人/長澤まさみ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事