R-30

サラリーマンのバイトは「ラブホテル」がオススメ

サラリーマンのバイトはラブホテルがオススメ

派遣会社やバイト情報誌などでは「ホテルスタッフ」「フロント」「ルームメイク」「室内清掃」などの名称で募集している。「ラブホテル 求人」で検索すると見つけやすい。派遣会社に登録するのもOK。ラブホのHPで直接募集しているケースもあるので、HPもチェック

「深夜にバイトするなら、ラブホが絶対オススメですよ!」と話すのは、大手家電メーカーのグループ会社で営業マンとして働く坂上太一さん(仮名・34歳)。坂上さんは埼玉県の郊外にあるラブホで、金曜日の夜から土日にバイトしている。

「ラブホのフロント業務で、週末の夜10時から朝8時くらいまで働いています。受付や料金の精算、食事、グッズのオーダーを受けたときに部屋に届けることなどが主な仕事です。料理も自分で作りますが、レンジでチンする程度。深夜12時を過ぎれば一人体制ですが、夜遅くなると客も寝るし、新たに来る客もまずいないので、ほぼ寝てるだけ。食事に困らないのも嬉しいですね」

 イベントなどでよほど混んでいるときでない限り、空いた部屋の清掃はしなくてOKだという。それで時給900円、深夜は時給1100円。都内だと1300~1400円程度もらえることが多い。

「注文を受けたグッズを部屋に届けたとき、女のコがすっぽんぽんで部屋から出てくるなんてよくあること。『1発ヤッているところを見てくれ』とカップルに頼まれたこともありました。ほかにも、内線電話で『見てくれ』と言われて断ったが『じゃあ電話でいいから、このまま聞いてくれ』と頼まれたこともありますよ」

 一方でキツい清掃も……。

「使用済みゴムなんてティッシュでくるんでポイッと捨てるだけ。慣れたもんです。風呂場でスカトロプレイも普通にあって、淡々と清掃します。室内の壁に汚物がついていることもありますが、壁紙用の洗剤でたいていはキレイに落とせます。昔は注射器が捨ててあることもありましたが、最近は危険ドラッグの封が捨ててあることが増えましたね」

 19~24時まで働くだけでも5000~6000円くらい稼げる。休憩から宿泊にかわる夕方~夜の時間帯の募集は多いそうなので、最もラクな深夜バイトではないだろうか。2/24発売の週刊SPA!では「求人情報つき サラリーマンの得バイト情報」という特集を組み、30~40代男性サラリーマンの64%が本業以外にバイトをしているか、したいと思っているという現状を報告している。ぜひ、参考にしていもらいたい。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!3/3号(2/24発売)

表紙の人/SKE48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事