女子高生のリアル“けいおん部”がアツい!「アニメもアニソンも普通」

12月3日、ついに全国ロードショーされる『映画 けいおん!』。現在、その公開に合わせ、アニメ誌はもちろん、本誌「週刊SPA!」12月6日号やエンタメ誌、さらには経済誌まで、20誌以上の表紙を劇中バンド・放課後ティータイム(HTT)が飾り、全国のローソン各店で一大キャンペーンが展開されているのはご存じのとおり。もはや、単なる「深夜アニメ発の劇場版作品」とは呼べないほどの存在感を誇っている。

そしてその人気は、いわゆる“アニヲタ”はおろか、意外といえば意外、当然といえば当然の面々にも波及。それが、唯たちヒロインと同じく実際に高校軽音部に所属するリアルJKたちだ。

筆者は首都圏各高校の文化祭で軽音楽部バンドがコピーする楽曲の傾向をまとめたインディーズマガジン「kids these days!」を刊行しているのだが、今秋観覧した16校の文化祭に登場した152バンドのうち、実に13のリアルJKバンドがHTTの楽曲をコピー。そして、彼女たちのそのほかのコピー曲はといえば、チャットモンチーにONE OK ROCKにBEAT CRUSADERSにアヴリル・ラヴィーン……。アニヲタが集まってウケ狙いの“お祭りバンド”を組んだわけではない。音楽ファンのキッズが、これら軽音楽部のスタンダードナンバーとともに“ガチ”でHTTをプレイしているのだ。

150人もの部員を擁し、東京都や関東地方のコンテストでも好成績を収める都立鷺宮高校軽音楽部所属の1年生バンド「ばっかるこーん」も、そんなHTTコピーバンドのひとつ。今年9月に開催された同校文化祭のステージではTHE OFFSPRINGのナンバーとともに「Don’t say “lazy”」(同曲はHTTの前身的存在、桜高軽音部名義)を披露している。米メロコアシーンの雄とアニソン。一見食い合わせの悪そうな2曲が当たり前のように同居するイマドキの10代の音楽ライフとは? その実態に迫った。

* * *

――そもそも「Don’t say “lazy”」をコピーしようと思ったきっかけは?

ばっかるこーん

左から 河田彩華(B)、上原幸穂(Vo&G)、 #榎本咲(Dr)、岩田知美(G)

◆上原幸穂(Vo&G) :初心者バンドで、今はまだ「どういうバンドになりたい」っていう方向性が固まってないから、それぞれコピーしたい曲をもってきて、ほかのメンバーが気に入ったら練習することにしてるんです。で、わたしがもともとアニメとか2次元が好きで、中学のころ、楽器なんてできもしないのにHTTのバンドスコア(楽譜)を買ったりしてたんで(笑)、(選曲会議に)これをもっていこうって。

◆岩田知美(G) :で、わたしもアニメが好きで、当然「Don’t say “lazy”」も知ってたんで、すぐにOKしました。

――その一方で文化祭のステージではTHE OFFSPRINGの「Can’t Repeat」もコピーしてましたよね。これは誰の選曲?

◆榎本咲(Dr) :あっ、わたしです。両親が洋楽が好きで、小さなころからTHE OFFSPRINGとかGREEN DAYとかがよく流れてて、好きになったんで。

――そういう洋楽がいつも流れてるご家庭のお子さん的には、HTTというか、いわゆる“アニソン”に特に抵抗はなかった?

◆榎本 :一瞬「アニメかっ!」とは思ったけど、普通にテレビの音楽番組なんかでも流れてて、知ってる曲だったし、イヤではなかったですね。ただ「Don’t say “lazy”」の8ビートってスゴい速いじゃないですか。だから叩くのに苦労しまくってて、好きなのか嫌いなのかわからなくなっちゃいました。わたし的には今はもうただただ「必死な曲」(笑)。

◆河田彩華(B) :実際、あの曲、練習したがらないよね(笑)。2回くらい通して演奏したらすぐに「休憩」って。

――河田さんは『けいおん!』ってご存じでした?

◆河田 :小学校のころはアニメをよく観てたけど、最近のアニメは特には……。ただ『けいおん!』だけは、軽音部が舞台のアニメってことでちょっと興味があったし、わたしもドラム(榎本)と一緒で、曲をテレビでよく聴いてたし、気にはなってました。

◆榎本 :だから「アニソンに抵抗は?」って聞かれると、逆に不思議な感じがする。周りにも「アニメが好き」って言ってる友だちは多いし。わたしはあんまりアニメに興味はないけど、ドラマを観たり、ロックを聴いたりしながら、アニメを観たり、アニソンを聴いたりするのも普通のことかなって。

◆上原 :うん。わたしたちが子どものころから夕方だけじゃなくて、深夜にも放送してたりして、そのころから結構アニメを観てたから、今も普通に観てるって人が多いんですよ。部の中でも、チャットモンチーのコピーバンドのボーカルをやってる、ちょっとギャルっぽくてキレイなコが、実は「テレビはアニメしか観てない」って言ってたり、声優さんにスゴい詳しかったりするし。mixi日記とか見るとビックリするもん。あと、わたし、THE BLUE HEARTSやTHE BACK HORNなんかのコピーバンドのドラムの男子と同じクラスで席も隣同士なんですけど、その人もスッゴいアニメに詳しいから、授業中、ふたりでアニメの話しかしてないし(笑)。

【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/102243
文化祭のステージやライブを観に来るクラスメイトの反応は?

けいおん【成松哲(なりまつ・てつ)】
1974年大分県生まれ。ライター。「日経エンタテインメント!」「サイゾー」などに寄稿する傍ら、10代のトレンドを探るインディマガジン「kids these days!」を刊行。主な著書に『バンド臨終図巻』(共著。河出書房新社)など。

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中