「暇な奥さん」が危ない! 我が道を暴走する“やりすぎ妻”の共通点

 健康食、節約、子供の教育、趣味から反原発まで。他人や家族の迷惑も顧みず、我が道を貫き通して暴走する「やりすぎ妻」たち。彼女たちが迷走する理由について、コラムニストの石原壮一郎氏はこう分析する。

嫁が“やりすぎ”症候群に陥る理由 こんなタイプは予備軍「最近、『正しい生き方』に憧れる人が増えてますよね。だから、自分とは違う考え方の人をすぐ非難したり、少し過激な発言をする人を徹底的に叩いたり。もはや『正義の味方症候群』です。ただ、そうなってしまう気持ちもわかるんです。今は景気的にも先行き不安で、何が正しくて何が悪いのかもわからない非常に生きづらい時代です。だからこそ、それぞれが食事や生活、思想、趣味など、さまざまな対象に自分の生きる指標を見いだして、妄信してしまうのではないでしょうか」

 では、夫や周囲に迷惑をかけるほどのやりすぎ妻になる人には、何か共通点はあるのだろうか。

「夫の権威が失墜している家庭は要注意ですね。本来、妻は夫を、夫は妻を尊敬・尊重しあうのが正しい夫婦のあり方。でも、妻が夫に頼りなさを感じるため、夫の言うことを聞かず、暴走する。あと、暇な奥さんも危ないです。だってテレビ番組に出てくる大家族を抱えて大忙しのお母さんがオーガニックに凝っているなんてこと、ありえないじゃないですか? 時間があるからこそ、過剰に何かに打ち込みすぎてしまうんですね」

 そのほか、向上心が異様に高い人の場合、メディアやネットなどで提示される「ステキな奥さん像」に向かって、脇目もふらずに猛進してしまうケースもあるとか。こうした妻の暴走を食い止めるため、夫にできることはあるのだろうか。

「一日5回、自分の奥さんのことを褒めましょう。『料理がおいしい』『キレイだね』とか、何げないことでいいんです。そこで彼女たちの自己承認欲求を満足させ、『私は認められているんだ』と思わせてあげる。それが一番効果的ですよ」

【石原壮一郎氏】
コラムニスト。『大人養成講座』『大人力検定』などの著書を発表した「大人力」の第一人者。近著に、多くの人生相談を集約した『日本人の人生相談』(ワニブックス)など

取材・文/藤村はるな 水越恵理子 鈴木靖子
― 過剰妻の“やりすぎ”被害報告 ―

大人養成講座

同僚や上司との付き合い方、仕事相手や取引先との交渉、アフター5の社外活動…さまざまなシーンであなた救う「大人のテクニック」の数々を収録

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中