エンタメ

「TEAM SHACHI(シャチ)」彼女たちの“名古屋愛”はデビュー当時から変わらない

 昨年、改名したのを機にプロデュースにも携わるユニットへ進化した4人組。初主演映画『燃えよ!失敗女子』が公開中の彼女たちが、“燃え上がる”ような熱い思いを吐き出した!
TEAMSHACHI

左上から坂本遥奈、秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫。コメダ珈琲店や中日スポーツ新聞社、名古屋グランパス「鯱の大祭典」広報大使など地元のPR活動には積極的に取り組む

もっと地元に貢献したい!それが原点です

 名古屋発の4人組ユニット「TEAM SHACHI(シャチ)」。  もともとは、ももいろクローバーZの妹分としてデビューし「チームしゃちほこ」で活動していたが、昨年10月に改名。作詞や衣装デザイン、ライブ演出などにも携わるグループになった。 坂本「大人につくられたグループから、自分たちもスタッフさんと一緒につくるグループに変身しました。今は、打ち合わせからすべて参加して、方針を決めています」 秋本「音楽性も“ポップ&ラウド”がテーマで。ライブではブラス民というバンドメンバー6人が加わってパフォーマンスが力強くなったと思いますね」  変化や失敗をいとわない彼女たちが、新たに挑戦したのは、女優業。公開中の初主演映画『燃えよ!失敗女子』では、4人がテイストの異なる、クセの強い上京女子たちを熱演している。 咲良「誰かになりきるのって、自分をさらけ出す普段の活動とは真逆なので新鮮でした。まさか人生で藁人形を持つことになるとは(笑)」 大黒「自分と性格がまったく違う女のコを演じるのは楽しかったです。次は悪女とかやってみたいですね!」  中学生でデビューした彼女たちもいまや全員が成人。ただ、変わらないのは、現在も名古屋から“地元愛”を内外にPRしていることだ。 秋本「それが原点なので。今よりも知名度を上げて、もっと地元に貢献したい。それが私たちの永遠の目標です」  しゃちほこ時代という助走を経て、大人になった4人の大躍進が始まる。 【TEAM SHACHI】 今月から東京・名古屋で主演映画『燃えよ!失敗女子』(監督:仁同正明)が公開中。この夏は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」などの夏フェスへの出演が決定している。super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」をスローガンに掲げる彼女たちだけに、熱いパフォーマンスを期待したい <取材・文/公森直樹 撮影/尾藤能暢> ※週刊SPA!6月18日発売号「今週の顔」より
週刊SPA!6/25号(6/18発売)

表紙の人/ 岡田准一

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事