エンタメ

声優アイドルユニット「i☆Ris」茜屋日海夏「コミケに出て、売り子もやってみたい」※会員限定(無料)

週刊SPA!にて好評連載中のi☆Ris「しゃべるグラビア」を日刊SPA!会員限定で特別公開!  5人組の声優アイドルユニット「i☆Ris」。撮り下ろしショットとともに、そのシーンに合わせた「声」をお届けする新感覚連載の第4回は自己紹介を兼ねて茜屋日海夏のマイブームをお届け。スケッチブックに描いているのは……? 茜屋日海夏続きを読むには会員登録(無料)orログインをしてください。 ※ログイン後も下記のボタンは表示されます

新規会員登録(無料)はこちらから>>>

寝る間も惜しんで朝まで描いた日も

「ストイックで仕事への熱量がスゴい」とメンバーから言われる茜屋日海夏。美術館に通うのが好きで、マイブームはイラストという芸術家肌だが、その趣味に目覚めた時期は? 「小さい頃に『シンデレラ』の絵本を読んだとき、王子様の相手役になりたいと思って。二人の間に自分の絵を描き込んだことで、絵を描けば好きな世界がつくれる! と気づいたのがきっかけでした。『ちゃお』を毎月読んで漫画家に憧れて、自分で漫画を描いてた時期もありましたね」  仕事の息抜きとして続けてきた趣味だが、いざ描き始めると寝食を忘れてのめり込んでしまうことも。 「去年のステイホーム期間になってすぐの頃は、寝る間も惜しんで朝まで描いてた日も多かったです。その時は少女漫画にハマって大量の電子書籍とiPadを買って、『漫画を読む→絵を描く』を繰り返してました」

いつか自分の漫画でコミケに出て、売り子もやってみたい

 ここ1年はただの趣味の域にとどまらず、さまざまな形で絵の才能を生かし、仕事にも結びつけている。 「ファンクラブ会報誌に2コマの漫画を描いたり、自分のYouTubeチャンネルで自分の描いた漫画に自分で声を吹き込んだ“漫画動画”をアップしたりしてます。他にも、名前は出さずにアーティストの友人の歌にイメージイラストを描いたこともあります。次は、漫画を描いてコミケに出てみたいです。売り子も自分でやったら面白そうですよね!」  もしコミケ出店が実現したら、お客さんが殺到しちゃうかも?

ボイスはここから聞いてね>>>

【茜屋日海夏】Himika Akaneya ’94年、秋田県生まれ。YouTuberとして「ひみちゃんねる」でも活動。幼少期から常に筋トレを欠かさない体育会系。女優として舞台にも数多く出演。スニーカーとスーパー戦隊シリーズが大好き 撮影/尾藤能暢 ヘアメイク/原田琴実 スタイリング/津野真吾(impiger)  衣装協力/BRAND SELECT 取材・文/森ユースケ
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事