ライフ

ドン引きされないSNS、中年男性が気をつけるべき3原則とは

コロナにより、ますます存在感を増し、いまやビジネスでもプライベートでも欠かすことのできない「SNS」。だからこそ、今後は“見る”専門ではなく“発信”することが重要になる。食わず嫌いから脱却し、未来を切り開くSNS活用術とは?

中年にもSNSが必須の時代が到来!

セルフブランディング術

お笑いコンビ「イワイガワ」の岩井ジョニ男。“ジョニスタグラム”としてInstagramのフォロワー約12万人を数える

 SNSのユーザー数は全世界で42億人を突破。総務省の「情報通信白書」によると、国内のSNS利用率は約7割に及び、もはや日々の生活や仕事に欠かせないインフラとなっている。  しかし一方で、アカウントは持っているが他人の投稿を漫然と眺めているだけ、いまさら何を発信すればいいのかわからない―そう感じている中年も実に多い。noteプロデューサーの徳力基彦氏は、次のように語る。 「SNS経由で企業の経営層と交流をしたり、ヘッドハンターから転職の誘いがあるのは、当たり前の時代。SNSを利用しないことは、もはや大きな機会損失です」

実名でのSNS利用は不可避

 自らもSNSを活用し、企業のSNSトラブルにも精通する産業医・大室正志氏もこう語る。 「スタートアップ界隈では、SNSでの経歴出しは常識。日本は接待ゴルフのように公私の境目が曖昧なので、SNSも“緩やかなビジネス利用の場”になっており、ビジネスチャンスを摑むためには、実名でのSNS利用は不可避です」
次のページ
注意点は…
1
2
3
4
週刊SPA!7/20・27合併号(7/13発売)

表紙の人/ 玉城ティナ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事