ニュース

iPhone 5が夏に発売されない10の理由

iPhone5

「リーク画像」と称して出回っているiPhone 5の機影

 今年こそは、と期待されているiPhone 5の発売。年初には「春には発売」と噂され、現在では「夏に出る」とも囁かれている。そんななか、米ITニュースサイト「eWeek」がこのほど発表した「iPhone 5が10月以前に発売されない10の理由」という予測記事が話題を呼んでいる。その10の理由がこれだ。

(1)サムスン「Galaxy S3」が下火になるのを待っているから

 5月3日に発表されたサムスンの人気機種の最新機「ギャラクシー S3」は、発売後、しばらく市場を席巻すると予測されている。それが収束に向かうのが秋ごろになると言われている。アップルは、“iPhone最大のライバル”であるギャラクシーと市場で競合するのを避けるのは当然のことだろう。

(2)アマゾンのスマホ販売を待っているから

 アマゾンは今年中にスマホを出すことを発表している。しかし、現時点で仕様やOSなどは一切、明らかになっていない。アップルはEC市場を牛耳る“巨人”の出方を伺っているのだ。

(3)iPhone 4S発売からまだ1年経っていないから

 夏に発売となると、iPhone 4Sの発売からわずか8か月しか経っていないことになる。1年も経たずに新機種を発売するとなると、消費者を裏切る行為になりかねない。前機種の発売から最低、1年間は空けるだろう。

(4)今回も年末商戦で勝負するから

 昨年10月に発売されたiPhone 4Sは、世界中のクリスマス・年末商戦で大勝利を収めた。結果、アップルは第4四半期の売上高が最高額を記録した。あなたが経営者なら、当然、今回もそれを狙うだろう。

(5)革新的な新機能の開発には時間がかかるから

 アップルは、開発や問題解決に時間をかければかけるほど、良い製品ができることを知っている。何らかの新機能や革新的なシステムを搭載するには、時間がかかるということ。

(6)まったく新しい製品に生まれ変わるから

 iPhone 5は、4から4Sのようなマイナーチェンジではなく、デザインや機能を一新するのではないかと噂されている。こうした大きな変更に時間がかかっている。

(7)夏はMacBook Airの新型を出すから

 今夏、MacBook AirとMacBook Proの新型が発売されることが予測されている。アップル製品にお金を払いたい消費者は、すでに十分な現金が貯まっただろう。アップルは最終的に、新しいMacBook Airか、新しいiPhoneのどちかを選ぶように消費者に強いるだろう。

(8)次期OSの発売と被せるわけがないから

 Macの次期OS「OS X Mountain Lion」が、今年夏ごろに登場することが決定している。これに合わせ、上記で述べたようにMacBook Airの発売とをリンクさせるだろう。しかし、同時期にiPhone 5という同社の目玉商品を出すとは考えにくい

(9)フォックスコンの諸問題の解決を待っているから

 自殺者を多数出し、劣悪な労働条件が問題になっている委託製造工場・フォックスコンは、労働環境改善に向けてやっと重い腰をあげたが、具体的なロードマップはまだ発表されていない。労働環境の改善による生産ラインへの影響を、アップルは調査しているのではないか

(10)世界中のキャリアが年末投入を希望しているから

 米主要キャリア、AT&T、ベリゾン、スプリントをはじめ、世界中のキャリアは従来通りのiPhoneの爆発的な売れ行きを期待しており、年末商戦にそれを持っていきたいと思っている。アップルはキャリア側の意見を受け入れざるをえなくなるだろう。

【取材・文・写真/ドラゴンガジェット編集部
ガジェット好きのライターや編集者、中国在住のジャーナリストが中心メンバーとなり、2012年1月から活動を開始。東京と深セン、広州を拠点に、最新の話題をお届けする。


ハッシュタグ




おすすめ記事