スーパークールビズ 男の透け乳首に女性「キモい」

スーパークールビズ

透け乳首、アナタは大丈夫?(写真と本文は関係ありません)

 猛暑の日々が続くなか、今年は電力不足による節電のため、従来よりさらに進んだ「スーパークールビズ」が環境省によって推奨されている。当初はアロハシャツやポロシャツなど、推奨しているような軽装を見かけることは少なかったが、7月に入って夏本番となり、各企業などでも導入が進んでいる。結果、上着を着用せず、半袖シャツ、ポロシャツ、Tシャツ姿のサラリーマンも街中で頻繁に見かけるようになった。

 しかし、ビジネスマンの軽装化に関し、由々しき問題が浮上しているという。先日、本誌記者Kがある合コンに参加したところ、20代のOLがこんなことを言ったからだ。

電車に乗ってると、半袖シャツやポロシャツの男の人の乳首が透けてて、マジキモい。どんなに仕事ができる上司でも、乳首透けてるだけでありえねー

 はたしてこれは少数意見なのか、さっそくオシャレOLの聖地・東京恵比寿で複数の女性に話を聞いてみた。

「細マッチョのイケメンでも、ピタピタのポロシャツとか着てて乳首が立ってたりしたら、幻滅するよね」
(28歳・不動産会社勤務)

「彼氏でもイヤなのに、アカの他人だと尚更、生理的にイヤ!」
(25歳・携帯ショップ店員)

「脇汗と同じで、清潔感がない。お前のなんか見たくないんだよ!!って感じ」
(31歳・食品メーカー勤務)

男の乳首

男の透け乳首の典型例。女性だけでなく、男から見ても不愉快だ


 予想以上に、男の透け乳首に関して辛辣な意見が多いのだ。従来のクールビズでは、シャツの下に肌着や白のTシャツ・タンクトップなどを着るビジネスマンが多かったため、この手の問題は顕在化しづらかった。しかし、スーパークールビズでは、ポロシャツや柄物のシャツを直に着る傾向にあるため、こうした新たな問題が浮上したというわけだ。

 ファッション事情に詳しい人妻ジャーナリストの伊集院まり絵さんは、男の透け乳首に関して、女性側の意見をこう代弁する。

「シャツの胸元をはだけたり、スケスケのTシャツを着たりするのがセクシーだと捉える欧米と比べたら、日本人の乳首に対する意識はまだまだ保守的です。若者ならともかく、30代以上の男性が公衆の面前、特に節度が重んじられるビジネスシーンにおいて無防備に乳首を晒していては、マナー違反どころか、一種の露出狂みたいに思われてしまいます。特にポチっと立っていたりしたら致命的。周囲の女性は『あ、この人ここが敏感(性感帯)なのかな…?』という性的な連想を抱かざるを得ない。女性の乳首が特定の相手にしか見せない、いわば秘めたる場所であるように、乳首は男性にとっても性的な意味合いの大きなパーツ。それを見たくもない相手にまで見ることを強要する……それって、もはやセクハラですよね?」

 夏は始まったばかり。今夏、スーパークールビズで女性に不快感を与えないためにも、サイズに余裕のある、ダークな色のシャツを選んだようが得策のようだ。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中